UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 15002

5.1i CORE Generator - COE ファイルを生成するとき、メモリ エディタで最終アドレスを設定できない

説明

キーワード : address, Memory Editor, COE, ignore, ignored, アドレス, メモリ エディタ, 無視

重要度 : 標準

概要 :
CORE Generator のメモリ エディタで COE ファイルを生成すると、最終アドレスが無視されます。 たとえば、ワード数 8 のファイルの場合、COE ファイルには、0 〜 6 までが記述され、0 〜 7 は記述されません。

ソリューション

メモリ エディタの [アドレスの範囲の値を設定] は、次のように機能します。

ワード数が 8 のメモリを作成するとします。[メモリ内容] ウィンドウには 4 行が書き込まれます。 [アドレスの範囲の値を設定] ボタンをクリックすると、次がレポートされます。

開始アドレス = 0、終了アドレス = 7
必要な COE = 0、1、2、3、4 、5、6、7

値を入力し、[OK] をクリックすると、メモリのアドレス 0 〜 6 が設定され、最終メモリ ロケーション 7 は設定されません。
実際の COE は 0、1、2、3、4 、5、6 です。

この問題を回避するためには、メモリ エディタが出力する COE ファイルでメモリのワード数を手動で修正し、メモリ ロケーション (7) の値を追加してください。
修正後の COE = 0、1、2、3、4 、5、6、7

この問題は 5.1i のサービス パック 1 で修正されます。
AR# 15002
日付 03/04/2008
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加