AR# 15088

|

5.1i Primetime、XILINX2PRIMETIME - MAXDELAY/OFFSET 制約の変換が間違っている

説明

キーワード : Primetime, MAXDELAY, offset, オフセット

重要度 : 標準

概要 :
XILINX2PRIMETIME コマンドを実行すると、MAXDELAY および OFFSET 制約が間違って変換されます。

ソリューション

この問題を回避するには、次のように SDC ファイルから負の値または間違った値を削除し、SDC ファイルを手動で修正する必要があります。

たとえば、次のような SDC ファイルがあるとします。
set_max_delay -from [all_inputs] -to [all_outputs] -20
set_input_delay -20 -clock "clk" [remove_from_collection [all_inputs] [get_ports {clk}]]
set_output_delay -20 -clock "clk" [all_outputs]

この部分を次のように変更します。
set_max_delay -from [all_inputs] -to [all_outputs] 20
set_input_delay 0 -clock "clk" [remove_from_collection [all_inputs] [get_ports {clk}]]
set_output_delay 0 -clock "clk" [all_outputs]

この問題は、最新版の 5.1i サービス パックで修正されています。サービス パックは次のサイトから入手できます。
http://support.xilinx.co.jp/support/techsup/sw_updates
この修正は、5.1i サービス パック 1 以降に含まれます。
AR# 15088
日付 03/06/2005
ステータス アーカイブ
種類 一般
People Also Viewed