UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 15107

4.2i SP3 iMPACT - デフォルトの GUI 設定を使用してバウンダリ スキャン モードからスレーブ シリアル モードに切り替えると「FATAL_ERROR:GuiUtilities: WinApp.c:570...」というエラー メッセージが表示される

説明

キーワード : iMPACT, cable, crash, JTAG, serial, SelectMAP, ケーブル, 停止, スレーブ シリアル, モード

重要度 : 標準

概要 :
4.2i ISE ツールで、スタートアップ クロックの設定を CCLK に変更して、ISE から 4.2i iMPACT を起動すると、エラーが発生します。 iMPACT はデフォルトでバウンダリ スキャン モードで起動されるので、スタートアップ クロックが不正であることを示す警告メッセージが表示されます。

モードをバウンダリ スキャンからスレーブ シリアルに変更してからデバイスを追加し、BIT ファイルを選択しましたが、次のようなエラー メッセージが表示されます。

FATAL_ERROR:GuiUtilities:WinApp.c:570: This application has discovered an exception condition from which it cannot recover.

The instruction at '0x6C281351' referenced memory at '0x00000004'. The memory cannot be 'read'.

ソリューション

この問題は、5.1i で修正されています。

当面の回避策としては、iMPACT を起動する前に、次のように ISE でデフォルトのコンフィギュレーション モードを変更してください。

- プロセス ウィンドウに移動します。

- [Generate Programming File] の下にある [Configure Device (iMPACT)] を右クリックして、[プロパティ] をクリックします。

- [iMPACT Programming Tool Properties] タブで [Configuration Mode] を [Slave Serial] または [SelectMAP] に変更します。
AR# 15107
日付 09/30/2005
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加