AR# 15164

|

5.1i NGD2VER - 「-ism」オプションを使用すると、X_ONE または X_ZERO SIMPRIM モデルがタイミング シミュレーションに挿入されない

説明

キーワード : NGD2VER, -ism, X_ONE, X_ZERO, X_INV, X_PD, SimPrims

重要度 : 標準

概要 :
-ism オプションを使用すると、NGD2VER ですべての必要な SIMPRIM モデルが挿入されません。

- X_INV がポスト GDBuild ネットリストに挿入されていない
- X_ONE および X_ZERO がポスト PAR ネットリストに挿入されていない

ソリューション

この問題は、6.1i ソフトウェア リリースで修正されています。

6.1i 以前のバージョンを使用している場合は、シミュレーション実行時に、X_INV または X_ONE および X_ZERO シミュレーション モデルを、シミュレーション ネットリストといっしょにコンパイルしてください。

デザインのアーカイブに -ism を使用している場合は、X_INV、X_ONE、X_ZERO モデルをデザインといっしょにアーカイブする必要があります。

Verilog シミュレーション モデルは、ザイリンクス ソフトウェアの $XILINX/verilog/src/simprims ディレクトリにあります。 X_INV.v、X_ONE.v、X_ZERO.v をこのディレクトリからコピーし、シミュレーション ネットリストと同じディレクトリに保存します。
AR# 15164
日付 08/11/2005
ステータス アーカイブ
種類 一般
People Also Viewed