UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 15178

Innoveda - VSM でパラメータ化された属性に対して「Error: viewbase: Error 338: Undefined variable(s) encountered...」というエラー メッセージが表示される

説明

キーワード : Innoveda, EPD, eProduct, parameterized attribute, FLOATVAL, Virtex-II, VSM, netlist, wir, library, パラメータ化, 属性, ネットリスト, ライブラリ

重要度 : 標準

概要 :
Innoveda の ViewSim VSM ネットリスタを使用してシミュレーション ネットリストを生成すると、次のようなエラー メッセージが表示されます。

"Error: viewbase: Error 338: Undefined variable(s) encountered (FLOATVAL=@INIT).
Occurred on net instance $1|2\$1|6\GSR_INIT0"

ソリューション

この問題は、パラメータ化された属性が付いたザイリンクス プリミティブが下位の回路図マクロに配置されているデザインで発生します。

例 :

- Virtex-II ライブラリからの FDS シンボルが「MY_COMP」という名前の回路図シートに配置されている
- FDS にパラメータ化された属性「INIT」が含まれている
- 階層シンボル MY_COMP (回路図シート MY_COMP から) が最上位デザインにインスタンシエートされている

最上位デザインの VSM ネットリストを生成する際に、INIT のエラーが発生します。

ただし、MY_COMP レベルでネットリストを生成した場合、エラーは発生しません。

この問題は、ザイリンクスのインプリメンテーション フローには関係なく、Virtex-II およびそれ以降のデバイスのみで発生します。 これはシミュレーションのみで発生する問題です。問題の属性は、インプリメントされたデザインで正常に適用できることが確認されています。

この問題を回避するには、ViewSim および VSM を使用して個々のモジュールをシミュレーションします。 ただし、デザイン全体をシミュレーションするには、ほかのサードパーティのシミュレーション ツールを使用する必要があります。

- ファンクション シミュレーションの場合、EDIF ファイルをエキスポートし、NGDBuild を実行し、NGD2VER または NGD2VHDL を使用して HDL シミュレーション ファイルを生成します。
- タイミング シミュレーションの場合、インプリメンテーションを完了してから、NGD2VER または NGD2VHDL を使用してシミュレーション ファイルを生成します。
AR# 15178
日付 10/01/2008
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加