UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 15267

LogiCORE SPI-4.2 (POS-PHY L4) v5.0 - 自動スタティック アライメントを使用するとシンク コアの DIP4 でエラーが発生する

説明

キーワード : DIP4, error, alignment, RDat, RDClk, PhaseAlignEn, phase, shift, SPI 4.2, automatic, static, エラー, アライメント, 位相, シフト, 自動, スタティック

重要度 : 重要

概要 :
SPI4.2 (PL4) コア v4.0 および v5.0 で自動スタティック アラインメント (PhaseAlignEn = 1) を使用すると、Sink コアで DIP4 エラーが発生します。 DIP4 エラーは、デバイスで発生します。シミュレーションでは発生しません。

ソリューション

DIP4 エラーが発生した場合は、固定スタティック アライメントを使用してください。 これは、pl4_wrapper ファイルのスタティック コンフィギュレーション信号を PhaseAlignEn = 0 に設定すると使用できます。 また、rdclk_dcm0 の位相シフト値を適切な値に設定すると、データを問題なくキャプチャできます。 アプリケーションに最適な位相シフト値を設定するには、(Xilinx Answer 16112) を参照してください。

現在のところ、自動スタティック アライメント機能は検証中のため、バージョン 5.0 では無効に、バージョン 5.2では削除されています。 この機能は、SPI 4.2 (PL4) v6.0 リリースから使用可能になる予定です。 当面は、固定スタティック アライメントを使用してください。
AR# 15267
日付 05/03/2010
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加