UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 15275

Virtex-II Pro PowerPC - XMD または SingleStep を使用して PowerPC の JTAG デバッグ ポート (BDM) にアクセスする方法

説明

キーワード : PowerPC, JTAG, debug, XMD, WindRiver, SingleStep, CPU_JTAG, BDM, Virtex-II Pro, EDK, デバッグ

重要度 : 標準

概要 :
XMD または SingleStep を使用して PowerPC の JTAG デバッグ ポート (BDM) にアクセスする方法を示します。

ソリューション

デバッグ ツールによって、RTL で異なるデザインが必要となります。 ザイリンクスのパラレル ケーブルを介して XMD を使用するには、CPU から 4 つのポート (JTGC405TCK、JTGC405TDI、JTGC405TMS、C405JTGTDO) を使用する必要があります。

WindRiver 社の VisionProbe ケーブルを介して SingleStep を使用するには、CPU から 6 つのポート (JTGC405TCK、JTGC405TDI、JTGC405TMS、C405JTGTDO、JTGC405TRSTNEG、DBGC405DEBUGHALT) を使用する必要があります。

Virtex-II Pro の場合、PowerPC の JTAG デバッグ ポート (JTGC405TCK、JTGC405TDI、JTGC405TMS、C405JTGTDO、C405JTGTDOEN を含む) は完全にコンフィギュレーション可能です。 これらのポートは、汎用 I/O ピンに接続するか、FPGA JTAG ピンを共有できます。 JTGC405TRSTNEG および DBGC405DEBUGHALT もコンフィギュレーション可能ですが、FPGA JTAG ピンとは共有できません。

オプション 1 : 汎用 I/O ピンを使用して PowerPC JTAG デバッグ ポートにアクセスする場合
XMD の場合 :
JTGC405TCK、JTGC405TDI、JTGC405TMS、C405JTGTDO をユーザー I/O に接続します。


SingleStep の場合 :
JTGC405TCK、JTGC405TDI、JTGC405TMS、C405JTGTDO、C405JTGTDOEN、JTGC405TRSTNEG、DBGC405DEBUGHALT を最上位に配置し、適切な I/O バッファを使用してインスタンシエートします。 信号極性が適切であることを確認してください。 この場合、各 PowerPC には専用の I/O ピンと JTAG チェーンが含まれています。SingleStep の JTAG 設定 および Register 設定で [Single Device] を選択する必要があります。

オプション 2 : FPGA JTAG ピンを共有する場合
FPGA JTAG ピンを使用して PowerPC デバッグ ポートにアクセスする場合、すべての PPC JTAG ピンを 1 つのチェーンに接続する必要があります。 たとえば、Virtex-II Pro に 4 つの PPC が存在する場合、すべての PPC を 1 つのチェーンに接続する必要があります。 PPC のうちの 1 つ、2 つ または 3 つのみをチェーンに接続することはできません。

XMD の場合 :
RTL のコンポーネント JTAGPPC をインスタンシエートし、JTGC405TCK、JTGC405TDI、JTGC405TMS、C405JTGTDO、C405JTGTDOEN を接続する必要があります。

例 :

JTAGPPC_i : JTAGPPC port map (
TCK => JTGC405TCK, -- O
TDIPPC => JTGC405TDI, -- O
TMS => JTGC405TMS, -- O
TDOPPC => C405JTGTDO, -- I
TDOTSPPC=> C405JTGTDOEN -- I
);

XMD では iMPACT DDL が使用されるため、PROM またはボード上のほかの FPGA が検知されます。

SingleStep の場合 :
RTL では、JTAGPPC をインスタンシエートし、ボード回路図に応じて JTGC405TRSTNEG または DBGC405DEBUGHALT を汎用ピンに接続する必要があります。

XMD とは異なり、SingleStep では PROM またはボード上のほかの FPGA は検知されません。 したがって、JTAG 設定および Register 設定では [Multi-device] を選択し、ボード ファイルを指定する必要があります。

詳細については、EDK キットに含まれる『PowerPC 405 Processor Block Reference Guide』を参照してください。 このガイドには、Virtex-II Pro PPC405 JTAG デバッグ ポートについて概要を説明するセクションがあります。
AR# 15275
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加