UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 15295

12.1 タイミング - 非同期リセット パス トレース (Trq、Trck、Tiorcko、Tiorcki、Tbrck) をイネーブルにする方法

説明


TRACE および Timing Analyzer では、set/reset-to-out 伝搬遅延とセット/リセット リカバリ タイムのパス トレースを両方ともイネーブルにできますが、

どちらか 1 つだけをイネーブルにするにはどうすればよいですか。

ソリューション


リカバリ タイムのトレースのみをイネーブルにするには、次の行を PCF または UCF に追加します。

enable = "Trck" ;
enable = "Tbrck";

伝搬遅延のトレースのみをイネーブルにするには、次の行を PCF または UCF に追加します。

enable = "Trq" ;

IOB FF のリカバリ タイムのトレースをイネーブルにするには、次の行を PCF または UCF に追加します。

enable = "Tiorcko";
enable = "Tiorcki";

上記のフォーマットは、どのタイミング パラメータに対しても使用できます。UCF でイネーブルにしたタイミング パラメータは、ユーザー定義のパス レポートおよび自動生成パス レポートの生成中はディスエーブルになります。

次のパス トレース コントロール (PTC) を使用して同様のパスをイネーブルにすることもできます。

enable = reg_sr_r; #Recovery delay types
enable = reg_sr_o #Propagation Delay Types

タイミング制約の詳細は、『Timing Constraints User Guide』を参照してください。
http://japan.xilinx.com/support/documentation/sw_manuals/xilinx12_1/ug612.pdf
AR# 15295
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール
  • ISE Design Suite - 12.1
このページをブックマークに追加