AR# 15341

|

XST - 「WARNING: Xst:1474 Ports for core <icon_pro> do not line up with declaration」という警告メッセージが表示される (ChipScope Pro)

説明

キーワード : read, cores, synthesize, synthesis, 読み込み, コア, 宣言

重要度 : 標準

概要 :
XST を使用してブラック ボックス コアを含む HDL デザインを合成する場合、-read_cores オプションを指定してタイミング解析および最適化用の EDIF コアをインポートします。 しかし、ChipScope Pro コアで次のような警告メッセージが表示されます。

"WARNING:Xst:1474 - Ports for core <icon_pro> do not line up with declaration. Core will not be loaded."

ソリューション

1

このメッセージは、制御ポートに問題があるため表示されます。 XST デザインの場合、制御ポートは、インスタンス テンプレートで ICON コアの 36 ビット出力および ILA コアの 36 ビット入力として宣言されます。 しかし、このバスのビット CONTROL<3> は、実際には EDIF で逆方向に宣言されたステータス ビットです。 NGDBuild では、ピン方向は確認されないので、この不一致が残ったままでコアが正しくマージされてしまいます。

XST は、ネットリストを読み込んでタイミングを評価します。 現在のところ、ChipScope Pro コアに関連したネットリストは XST に読み込むことはできませんが、次のように -read_cores オプションを無効にして警告メッセージが表示されないようにできます。

1. [Synthesize] を右クリックし、[Properties] をクリックします。
2. [Synthesis Options] カテゴリの [Read Cores] をオフにします。

このオプションが表示されない場合は、[Edit] -> [Preferences] -> [Processes] をクリックしてください。 [Property Display Level] を [Advanced] に設定し、アドバンス オプションを表示します。

2

このメッセージは、ChipScope Pro 以外のデザインでも表示されることがあります。 ブラック ボックスのネットリストと HDL のインスタンシエーションを比較し、すべてのポート名、バス幅、デリミタ、ポート方向が一致していることを確認してください。 一致していないものを修正して警告メッセージを回避します。

[Read Cores] オプションを無効にして、この処理が実行されないようにもできます。
AR# 15341
日付 12/15/2012
ステータス アーカイブ
種類 一般
People Also Viewed