AR# 1536

CPLD XC9500/XL /XV ファミリ - 未使用 I/O ピンの処理方法および

説明

キーワード : 9500, unused pins, I/O, !O, ground bounce, noise, programmable ground, 未使用ピン, グランド バウンス, ノイズ, プログラマブル グランド

XC9500 ファミリ デバイスの未使用ピンをどのように処理しますか。 コンフィギュレーション前とコンフィギュレーション中の状態はどのようになりますか。

ソリューション

1

ザイリンクスでは、未使用ピンをボード グランドまたはボード トレースに接続することを推奨します。 この方法だと、グランド バウンスやノイズに関連した問題を少なくすることができます。 この処理を行っていなくても、デバイスを損傷することはありません。

ISE の [Fitting] プロパティには、[Create Programmable Ground Pins] というオプションがあります。 このオプションを選択し、さらに未使用ピンをグランドに接続しておくと、ノイズやグランド バウンスの問題の解消にさらにつながります。

XC9500 5V CPLD :

XC9500 デバイスの未使用 I/O ピンは、ファンクション ブロック全体が空でないかぎり、フロートしています。また、このファンクション ブロックのすべての I/O にはプルアップ抵抗があります。 これは、コンフィギュレーション前もコンフィギュレーション中も同じです。

ソフトウェアで [Create Programmable Ground Pins] オプションが選択されている場合、すべての未使用ピンはグランドに内部接続されます。

2

9500XL/XV 3.3V/2.5V CPLD :

まったく使用されていないファンクション ブロックの未使用 I/O ピンは、弱いプルアップ抵抗でフロートしています。 コンフィギュレーション前とコンフィギュレーション中も同じです。

ファンクション ブロックの未使用 I/O ピンでは、BUS-HOLD 回路がイネーブルされています (ソフトウェアではディスエーブルされている場合があります)。

BUS-HOLD LOGIC の詳細については、(Xilinx Answer 5175) を参照してください。

ソフトウェアで [Create Programmable Ground Pins] オプションが選択されている場合、すべての未使用ピンはグランドに内部接続されます。

その他の CPLD に関するよくある質問については、CPLD FAQ : (Xilinx Answer 24167) を参照してください。
AR# 1536
日付 02/25/2013
ステータス アクティブ
種類 一般