AR# 15363

|

5.1i インストール Linux/Wine - Linux でザイリンクス ツールを起動するのに必要な Wine 設定ファイルの例について

説明

キーワード : Install, Linux, configuration, config, インストール, 設定, Wine

重要度 : 標準

概要 :
Linux に ISE をインストールして使用する場合、まず Wine 設定ファイルでいくつか編集しておく必要があります。 設定ファイル例はどこで参照できますか。

ソリューション

この例に示すディレクトリは、特定のシステム設定に合うように調整する必要があります。 この Wine 設定方法は、(ザイリンクス アンサー #13532) の手順に従っています。

Linux には home ディレクトリがあります。 cd コマンドを使用して home ディレクトリにマップします (/home/user_name のように表示)。 .wine ディレクトリは、home ディレクトリ内にある必要があります (/home/user_name/.wine)。

この .wine ディレクトリ内に設定ファイルを保存します。

次のディレクトリを作成します。
/home/user_name/.wine/wine-c/windows
/home/user_name/.wine/wine-c/windows/system -- DLL ファイル (msvcrt.dll、netbios.dll など) が保存されます。
/home/user_name/.wine/wine-c/Xilinx -- ザイリンクス ソフトウェアのインストール先です。

設定ファイル「wine.reg」を「/etc」から「~/.wine/config」へコピーします。 (ファイル名を「config」に変更します。) config ファイルを開き、次の 2 つのセクションに変更を加えます。

[C ドライブ]
"Path" = "/home/user_name/.wine/wine-c"
"Type" = "hd"
"Label" = "MS-DOS"
"Filesystem" = "win95"

メモ : 「user_name」は、マシン上に存在する実際のパスに置き換える必要があります。 上記の情報では、「c:\」は「/home/user_name/.wine/wine-c」と定義されます。

[wine]
"Windows" = "c:\\windows"
"System" = "c:\\windows\\system"
"Temp" = e:\\ -- または、temp ディレクトリ この設定は、ファイル内で正しく設定する必要があります。
"Path" = "c:\\windows;c:\\windows\\system;e:\\;e:\\test;f:\\;c:\\Xilinx\\bin\\nt;c:\\Xilinx"

メモ : PC ディレクトリが定義され、「c:\」ディレクトリと関連付けられています。 したがって、「c:\\windows」で「/home/user_name/.wine/wine-c/windows」ディレクトリが参照されます。 環境変数を正しく設定するには、このセクションに「\\」が必要です。
AR# 15363
日付 03/26/2006
ステータス アーカイブ
種類 一般
People Also Viewed