AR# 15397

|

LogiCORE SPI-4.2 (POS PHY L4) v5.0 - リリース ノート (PL4 をご使用の場合のみ)

説明

キーワード : PL4, POS, PHY, Level 4, update, CORE Generator, COREGen, E_IP3, アップデート

重要度 : 標準

概要 :
このアンサーでは POS PHY Level 4 バージョン 5.0 (別名 42_ip_update または E_IP3 )のリリース ノートを紹介します。

- ソフトウェア要件
- PL4 v5.0 の新機能
- サポートされるデバイス/パッケージ情報
- 既知の問題

ソリューション

ソフトウェア要件

ISE 4.2i ソフトウェアに含まれているザイリンクス CORE Generator 4.2i が必要です。また、42_ip_update3 をインストールする前に次のサービス パックおよび IP アップデートが ISE 4.2i にインストールされている必要があります。

ISE 5.1i ソフトウェアに 42_ip_update3 をインストールしないでください。
インストールの順番は次のとおりです。

1. ISE 4.2i CD
2. ISE 4.2i サービス パック 3
3. IP アップデート 2 (E_IP2)
4. IP アップデート 3 (E_IP3) - PL4 をご使用のお客様のみ

ソフトウェアのサービス パックは次のサイトから入手できます。
http://support.xilinx.co.jp/xlnx/xil_sw_updates_home.jsp

IP アップデート 2 は次のサイトから入手できます。
http://support.xilinx.co.jp/ipcenter/coregen/updates_42i.htm

IP アップデート 3 は次のサイトから入手できます。
http://support.xilinx.co.jp/ipcenter/posphyl4/posphyl4.htm

PL4 v5.0 の新機能
- PL4 v5.0 ファイルは CORE Generator ソフトウェアから配布されます。この結果パラメータのカスタマイズも PL4 の GUI から実行できます。

- v5.0 シンク コアはスタティック調整に加えダイナミック調整の OIF SPI-4 Phase 2 仕様にも準拠します。

- 最大 256 チャネルまでがサポートされています。

- シンク コアのエリアが 750 スライス削減されました。
ダイナミック調整の場合 : Sink コア : 2700 スライス、ソース コア : 1600 スライス
スタティック調整の場合 : Sink コア : 1950 スライス、ソース コア : 1600 スライス

サポートされるデバイス/パッケージ情報
PL4 v5.0 では次のデバイスとパッケージの組み合わせがサポートされています。
PL4 v5.0 デバイス パッケージの表
PL4 v5.0 デバイス パッケージの表


既知の問題
PL4 の既知の問題に関しては、(Xilinx Answer 12420) を参照してください。
AR# 15397
日付 05/03/2010
ステータス アーカイブ
種類 一般
People Also Viewed