AR# 15411

|

LogiCORE SPI-4.2 (POS-PHY L4) v5.0 - ダイナミック アラインメントを使用している PL4 コアでバックアノテーション シミュレーションを実行すると不正に動作する

説明

キーワード : back, annotated simulation, Level 4, POS, PHY, dynamic, alignment, バックアノテーション, シミュレーション, ダイナミック, アライメント

重要度 : 重要

概要 :
メモ : このアンサーは、4.2i ソフトウェアのサービス パック 3 で PL4 のダイナミック アライメントを使用している場合にのみ適用されます。5.1i ソフトウェアを使用している場合や、PL4 でスタティック アライメントを使用している場合は、適用されません。

ダイナミック アラインメント モードの PL4 Sink を含むデザインでバックアノテーション シミュレーションを実行すると、シミュレーションが正常に実行されません。 次の問題が発生します。

- RDCLKDIV_GP = RDCLK_GP となっているが、正しくは RDCLKDIV_GP = RDCLK_GP/2
- SnkClk = RDCLK_GP となっているが、正しくは SnkClk = RDCLK_GP/2
- Source サイドは正しくフレーム同期状態になるが (ある時間後に SrcOof が 0 になる)、Sink サイドは常にフレーム同期はずれ状態である (SnkOof は常に 1)。 その結果、RStat が常に 11 になり、 デモ テストベンチがシミュレーションの間中トレーニングを送信し続ける。
- エラーは発生しないが、データがバスを介して送信されない。

ソリューション

ダイナミック アライメントを使用している場合は、ユーザーが作成したバックアノテートされたネットリスト (NGD2VHDL または NGD2VER の出力) を手動で開き、次のパラメータ (太字で示した部分) を追加する必要があります。

VHDL の場合 :

pl4_snk_clk0_DynamicAlign_DynamicAlign_rdclk_dcm0 : X_DCM
generic map(
CLKIN_DIVIDE_BY_2 => true,
DLL_FREQUENCY_MODE => "HIGH",
CLK_FEEDBACK => "1X",
CLKOUT_PHASE_SHIFT => "NONE",
PHASE_SHIFT => 0
)
port map (
CLK90 => NLW_pl4_snk_clk0_DynamicAlign_DynamicAlign_rdclk_dcm0_CLK90_UNCONNECTED,
.....
);

Verilog の場合 :

defparam \pl4_snk_clk0/DynamicAlign_DynamicAlign.rdclk_dcm0 .CLKIN_DIVIDE_BY_2 = "TRUE";
defparam \pl4_snk_clk0/DynamicAlign_DynamicAlign.rdclk_dcm0 .DLL_FREQUENCY_MODE = "HIGH";
defparam \pl4_snk_clk0/DynamicAlign_DynamicAlign.rdclk_dcm0 .CLK_FEEDBACK = "1X";
defparam \pl4_snk_clk0/DynamicAlign_DynamicAlign.rdclk_dcm0 .CLKOUT_PHASE_SHIFT = "NONE";
defparam \pl4_snk_clk0/DynamicAlign_DynamicAlign.rdclk_dcm0 .PHASE_SHIFT = 0;
X_DCM \pl4_snk_clk0/DynamicAlign_DynamicAlign.rdclk_dcm0 (
.CLK90(\NLW_pl4_snk_clk0/DynamicAlign_DynamicAlign.rdclk_dcm0_CLK90_UNCONNECTED ),
......
);

この変更は、NGD2VER または NGD2VHDL を使用してユーザーが作成したバックアノテートされたネットリストでのみ必要です。 component_name/implement/ にあるインプリメント スクリプトを実行し、PAR 後のファイルでバックアノテーションを実行、または PL4 コアを含むユーザー デザインでバックアノテーションを実行する場合は、このアンサーで示した変更を加える必要があります。

これは NGD2VER または NGD2VHDL の問題であり、ISE 5.1i 以降では修正されています。
AR# 15411
日付 05/03/2010
ステータス アーカイブ
種類 一般
People Also Viewed