AR# 15460

|

5.1i SIMPRIMS - 変換後のシミュレーションで、FDDRCPE の出力にグリッチが出る

説明

キーワード : simulation, SIMPRIM, post, translate, glitch, FDDRCPE, DDR, シミュレーション, 変換, グリッチ

重要度 : 標準

概要 :
FDDRCPE を含むデザインに対し、変換後のシミュレーションを実行すると、FDDRCPE の出力に 100ps のグリッチが検出されます。 このグリッチは、SDF を使用せずに MAP 後または PAR 後のシミュレーションを実行したときにも現れます。 これは正しいですか。

ソリューション

このシミュレーション ビヘイビアは間違っています。 グリッチは、100ps のデフォルト遅延の結果で、このデフォルト遅延は、SDF ファイルが使用されない場合に各 SIMPRIM コンポーネントに適用されるものです。 FDDRCPE は、2 つの FF と MUXDDR を含む、数個の SIMPRIM コンポーネントから成っています。 MUXDDR は、クロック遷移時にデータ入力間でスイッチしますが、新しいデータは FF を通過するとき、100ps 遅れます。 つまり、MUXDDR の出力は、100ps の間は前の FF の値です。

この問題を回避するには、SDF ファイルを使用して MAP 後または PAR 後のシミュレーションを実行してください。

この問題は 6.1i リリースで修正される予定です。
AR# 15460
日付 11/18/2008
ステータス アーカイブ
種類 一般
People Also Viewed