UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 15472

4.2i SP3 ISE - ISE で LeonardoSpectrum のレベル 2 ライセンスを使用すると「(<license server>): No server for this feature (-3,121)」という MGLS ライセンス エラーが表示される

説明

キーワード : Project, Navigator, Leonardo, Exemplar, Level, 2, MGLS licensing error, LeonardoSpectrum, ライセンス エラー

重要度 : 標準

概要 :
ISE TCL スクリプトで LeonardoSpectrum のレベル 2 ライセンスでは無効なコマンドが呼び出されるため、レベル 2 ライセンスを使用すると、 次のエラー メッセージが表示されます。

LeonardoSpectrum Level 2 - 2002b.21 (Release Production Release, compiled May 16 2002 at 05:56:02)
Copyright 1990-2001 Exemplar Logic, Inc. All rights reserved.
--
-- Welcome to LeonardoSpectrum Level 2
-- Run By a0201037@CNA0201037
-- Run Started On Tue Aug 20 10:48:26 CDT 2002
--
-- Reading target technology xcv
Reading library file `D:\FPGAdvPersonal53\Exemplar\\lib\xcv.syn`...
Library version = 4
Delays assume: Process=6
-- analyze -tech xcv -format verilog {e:/Xilinx/verilog/src/iSE/unisim_comp.v <file name> }
Security Error -1: Checkout of "ls2_cmd_analyze" failed - No such feature exists
Feature: ls2_cmd_analyze
License path: C:\flexlm\license.dat
FLEXlm error: -5,357
Licensing checkout error with feature ls2_fpga. (Error code -3.)
Cannot connect to the license server.
-The server may not be running.
-The server machine may not be available.
-The network connection may not be working properly.
Please verify that the server is functioning properly by running this program on the server machine.

ソリューション

ISE で作成した LeonardoSpectrum プロジェクトで合成が一度失敗している場合、ISE により TCL スクリプトに「set _old_read TRUE」という行が記述され、LeonardoSpectrum で _gc_read の実行中に analyze/elaborate が使用されます。 この行の始めにシャープ記号 (#) を入力してコメントにすると、レベル 2 ライセンスの読み込みで問題が発生することはありません。

ただし、TCL スクリプトを ISE から実行することはできません。LeonardoSpectrum をスタンドアロン モードで起動し、修正した TCL スクリプトを実行する必要があります。 スタンドアロン モードの LeonardoSpectrum で合成が完了したら、新しい ISE プロジェクトをデザイン フローに EDIF を選択して作成し、LeonardoSpectrum で作成された EDIF ネットリストを使用します。
AR# 15472
日付 07/27/2011
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加