AR# 15509

|

5.1i ISE - フィット済み CPLD デザインを ChipViewer で表示しようとすると、「The system cannot find the path specified」というメッセージが表示される (Solaris)

説明

キーワード : Solaris, ChipViewer, sol, sol64, CPLD, XC9500, 9500, CoolRunner, view, fitted, design, ISE, 表示, フィット, デザイン

重要度 : 標準

概要 :
Solaris の場合、CPLD デザインで [View Fitted Design (ChipViewer)] を実行すると、コンソール ウィンドウに次のようなメッセージが表示されます。

"Launching Application for process "View Fitted Design (ChipViewer)".
The system cannot find the path specified."

ソリューション

これは、RTTICRules ファイルに問題があるために発生します。 sol および sol64 の Chipviewer ルールは、$XILINX/bin/sol/chipview に設定されていますが、このファイル名は ChipView にする必要があります。

RTTICRules ファイルは、$XILINX/data/projnav ディレクトリにあります。 次の行を検索してください。

"{Chipviewer} {$XILINX/bin/sol64/chipview}"
"{Chipviewer} {$XILINX/bin/sol/chipview}"

これらを次のように変更します。

"{Chipviewer} {$XILINX/bin/sol64/ChipView}"
"{Chipviewer} {$XILINX/bin/sol/ChipView}"

この問題は、最新版の 5.1i サービス パックで修正されています。サービス パックは次のサイトから入手できます。
http://support.xilinx.co.jp/support/techsup/sw_updates
この修正は、5.1i サービス パック 1 以降に含まれます。
AR# 15509
日付 02/07/2006
ステータス アーカイブ
種類 一般
People Also Viewed