AR# 15520

|

6.1i ISE - Project Navigator のログ ウィンドウのフォント サイズが大きすぎる

説明

Project Navigator のログ ウィンドウのフォント サイズが大きく、HDL Editor で開いたファイルのフォント サイズに一致しません。

また、HDL Editor でファイルを開いた後、ログ ウィンドウのフォント サイズが変わります。

ソリューション

この問題は、日本語版 OS を使用しているマシンまたは特定のフォントのサブセットをインストールしているマシンで発生します。

この問題を修正するには、次の手順に従います。

1. $XILINX/data ディレクトリにある HDLEditor.cfg ファイルを編集します。
2. $XILINX/data に reportlang.ecc という名前のファイルを追加します。

必要なコード変更と手順は、ソリューション 2 および 3 を参照してください。これらのファイルのコピーは、ザイリンクス カスタマ サポートから入手することもできます。

http://japan.xilinx.com/support/clearexpress/websupport.htm

この修正では、ログ ウィンドウのフォントとレポート ビューアのフォントを関連付けます。 両方のフォントを変更するには、[Edit] -> [Preferences] をクリックします。 この修正では、フォントが変更されないようにし、出力ウィンドウのフォントを設定できるようにします。

メモ : これらの変更を適用すると、ISE Text Editor ウィンドウのタブのファイル名の横にアイコンが表示されなくなります。

$XILINX/data ディレクトリの HDLeditor.cfg ファイルで、次の 2 箇所を変更します。

1. [Languages] セクションの最後に次の行を追加します。
language7=Report

2. ファイルの末尾に次のセクションを追加します。

[Report]
Chroma=dword:00000001
Case=dword:00000001
Comment Start 1=""
Comment End 1=""
Comment Start 2=""
Comment End 2=""
Extra word chars="#"
Keywords=reportlang.ecc
Extensions=log,syr,bgn,bld,mrp,tw1,par,dly,pad,twr,ibs,mppr,lpk,lpc,cmd_log

次の内容を含む reportlang.ecc という名前のファイルを作成し、$XILINX/data ディレクトリに保存します。

;
; Report language color template for HDLEditor
;
[Parser]
Operators =
Delimiters =
KWStartChars =
KWMiddleChars =
KWEndChars =
NumTags = 0
[Editor]
TabSize = 4
AutoIndent = 1
ShowWhitespace = 0
VirtualWhitespace = 0
ReplaceTabs = 0
MatchCase = 0
[Font]
FaceName = Courier
Size = 10
Italic = 0
Bold = 0
[ColorGroups]
NumGroups = 3
Group1 = Text
Group2 = Text Selection
Group3 = Highlight
[Text]
Foreground = 0,0,0
Background = 255,255,255
DisplayName = Text
Configurable = 1
BackColorAutomatic = 1
ForeColorAutomatic = 1
[Text Selection]
Foreground = 255,255,255
Background = 0,0,0
BackColorAutomatic = 1
ForeColorAutomatic = 1
DisplayName=Text Selection
Configurable=1
[Highlight]
Foreground = 255, 0, 85
Background = 0, 255, 170
DisplayName = Highlight
[Keywords]

AR# 15520
日付 05/13/2010
ステータス アーカイブ
種類 一般
People Also Viewed