UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 1554

EDIF 2.0.0 - Verilog の命名規則に従わない名前を EDIF に変換するときのルール

説明

キーワード : EDIF, 2.0.0, naming, conventions, rules, 命名規則, 規則, ルール

EDIF 識別子に有効な文字は何ですか。

ソリューション

EDIF 2.0.0 リファレンスによると、有効な EDIF 識別子は英数字とアンダースコア (_) のみです。つまり EDIF 識別子に有効な文字は次のとおりです。

<input> a-z, A-Z, 0-9, _
</input>

識別子の最初の文字が英数字でない場合、「&」を識別子の冒頭に追加する必要があります。つまり EDIF 識別子は次のようになります。

alpha | '&' { alpha | digit | '_' }

メモ : スラッシュ (/) およびバックスラッシュ (\) は有効な EDIF 識別子ではありません。

Cadence SIR2EDF で Verilog の命名規則に従わない名前が出てきた場合 ((Xilinx Answer 2533) を参照)、「\L/R 」は Cadence SIR2EDF ネットリスタにより「&_l_r_」にマップされています。SIR2EDF ネットリスタでもマップ ファイルが作成され、識別子は「&_l_r_」は「\l/r 」にマップされています。このようなバックスラッシュやスラッシュの変換は、ユーザー指定の名前が Verilog の命名規則に従っていない場合、NGD2VER で生成されるネットリストでは一般的に行われます。
AR# 1554
作成日 08/21/2007
最終更新日 12/15/2012
ステータス アクティブ
タイプ 一般