UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 15650

LogiCORE PCI - PCI 仕様 Rev 2.3 からコマンド レジスタのアドレス ステップ ビットは 0 に設定される

説明

キーワード : PCI, command, register, 64, 66, stepping, address, コマンド, レジスタ, ステップ, アドレス

重要度 : 標準

概要 :
PCI LogiCORE を使用して変更を加える前にコマンド レジスタから読み出すと、コマンド レジスタから 「0x0000」 が返されます (コアのリリース バージョン 3.100 以降)。 以前のバージョンでは、「0x0080」 が返されていました。 この変更は、インターフェイスがアドレス ステップをサポートするかどうかを示すビット 7 に影響します。

なぜこのように変更されたのですか。

ソリューション

PCI 仕様 Rev 2.3 以前は、デバイスでアドレス ステップが使用されている場合はこのビットは 1 に設定されていましたが、 PCI Spec Rev 2.3 でアドレス ステップのルールが変更され、このビットは設定されなくなりました。

仕様 Rev 2.3 でもトライステート バッファを 1 サイクル早くオンにすることが可能なので、コアの動作は変更されていません。 これは以前から行われていましたが、PCI 仕様 Rev 2.3 のセクション 3.6.3 に示されているように、これによりアドレス ステップ ビットが設定されることはありません。

PCI LogiCORE を使用したアドレス ステップに関する詳細は、(Xilinx Answer 12826) を参照してください。
AR# 15650
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加