AR# 15650

|

LogiCORE PCI - PCI 仕様 Rev 2.3 からコマンド レジスタのアドレス ステップ ビットは 0 に設定される

説明

キーワード : PCI, command, register, 64, 66, stepping, address, コマンド, レジスタ, ステップ, アドレス

重要度 : 標準

概要 :
PCI LogiCORE を使用して変更を加える前にコマンド レジスタから読み出すと、コマンド レジスタから 「0x0000」 が返されます (コアのリリース バージョン 3.100 以降)。 以前のバージョンでは、「0x0080」 が返されていました。 この変更は、インターフェイスがアドレス ステップをサポートするかどうかを示すビット 7 に影響します。

なぜこのように変更されたのですか。

ソリューション

PCI 仕様 Rev 2.3 以前は、デバイスでアドレス ステップが使用されている場合はこのビットは 1 に設定されていましたが、 PCI Spec Rev 2.3 でアドレス ステップのルールが変更され、このビットは設定されなくなりました。

仕様 Rev 2.3 でもトライステート バッファを 1 サイクル早くオンにすることが可能なので、コアの動作は変更されていません。 これは以前から行われていましたが、PCI 仕様 Rev 2.3 のセクション 3.6.3 に示されているように、これによりアドレス ステップ ビットが設定されることはありません。

PCI LogiCORE を使用したアドレス ステップに関する詳細は、(Xilinx Answer 12826) を参照してください。
AR# 15650
日付 12/15/2012
ステータス アーカイブ
種類 一般
People Also Viewed