UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 15807

12.1 既知の問題 - Timing Analyzer - タイミング レポートで BUFGMUX のあるフリップフロップ間のグローバル クロックに大きなスキューが報告される

説明

デザインにインプリメンテーションを実行すると、フリップフロップ間のグローバル クロック リソースに非常に大きなスキューがタイミング レポートに報告されます。

ソリューション

PERIOD の詳細はザイリンクスのホワイト ペーパー『What are PERIOD Constraints』 (WP257) をこちらから参照してください。

http://japan.xilinx.com/support/documentation/white_papers.htm

これは同じクロック パッドからの 2 つのパスが 1 つの BUFGMUX を駆動するときによく起きる問題です。 1 つは DCM のあるクロック パスで、もう 1 つは DCM のないパスです。タイミング ツールでは、ソースのフリップフロップ クロック パスに最短のパスが選択されますが、これが DCM クロック パスです。最長のパスはデスティネーションのフリップフロップ クロック パスに使用されますが、こちらは DCM のないクロック パスです。このため、2 つのフリップフロップ間のクロック スキューが非常に大きくなります。

この問題を回避するには、次のいずれかの方法で BUFGMUX のピンに TIG 制約を設定します。

PIN DCM_inst_name.clk0_pin_name TIG

または

PIN BUFGMUX_inst_name.I1_pin_name TIG

AR# 15807
日付 05/04/2010
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
このページをブックマークに追加