AR# 15821

|

5.1i SP2 iMPACT - 「ERROR:iMPACT:1111 - Can't locate bsdl file xc2v250_bg352.bsd」 というエラー メッセージが表示される

説明

キーワード : BSDL, iMPACT, 1111, locate, JTAG, 位置, 見つからない

重要度 : 重要

概要 :
iMPACT を使用して XC2V250 デバイスで JTAG を実行しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。

ERROR:iMPACT:1111 - Can't locate bsdl file xc2v250_bg352.bsd.
EXCEPTION:iMPACT:BsdlStorage.c:314:1.40.4.8 - File does not exist.

impact completed @ Fri Oct 4 18:10:41 2002

impact return code: 0

Total CPU time for impact: 8.59 secs

ソリューション

この問題は、$xilinx\virtex2 ディレクトリ内の xc2v250.bsd ファイルに誤りがあるために発生します。 このファイルの修正バージョンは、ザイリンクスのサイトからダウンロードできる Virtex-Ii BSDL ファイルに含まれています。

この問題は次のように修正します。

1. http://support.xilinx.co.jp/support/sw_bsdl.htm にアクセスします。
2. xc2v.zip ファイルをダウンロードします。
3. ダウンロードしたファイルに含まれている 2v250.bsd ファイルを $xilinx\virtex2 フォルダに抽出します。

この問題は、最新版の 5.1i サービス パックで修正されています。サービス パックは次のサイトから入手できます。
http://support.xilinx.co.jp/support/techsup/sw_updates
この修正は、5.1i サービス パック 3 以降に含まれます。
AR# 15821
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
People Also Viewed