AR# 15874

|

5.1i、ECS - PULLDOWN/PULLUP 抵抗シンボルを使用すると「ERROR:HDLParsers:1402 ...Object <port_name> of mode IN cannot be updated」というエラー メッセージが表示される

説明

キーワード : PULLUP, PULLDOWN, ECS, HDLParsers, XST

重要度 : 標準

概要 :
ECS 回路図入力ツールで、入力ポートに PULLUP (または PULLDOWN) 抵抗シンボルを追加すると、 デザインを合成した際に次のようなエラー メッセージが表示されます。

ERROR:HDLParsers:1402 - C:/proj_pull/my_sch.vhf Line 50. Object in_a of mode IN cannot be updated.

ソリューション

この問題は、合成ツールが PULLUP/PULLDOWN 抵抗を INPUT または OUTPUT というラベルが付いている内部ネットに追加しようとするため発生します。

このエラーを回避するには、次のいずれかの方法で PULLUP/PULLDOWN 制約を適用します。

1. Constraints Editor を使用して、信号に PULLUP/PULLDOWN 抵抗を配置します。

2. テキスト エディタを使用して、UCF ファイルの該当するネットに PULLUP/PULLDOWN 制約を設定します。 制約は、次のようになります。

NET "<net_name>" PULLUP;
NET "<net_name>" PULLDOWN;

<net_name> は入力/出力信号の名前です。

3. ECS 回路図入力ツールで、次の手順に従って実際の PAD 上に PULLUP/PULLDOWN 制約を設定します。

a) ネットを選択してハイライトし、PULLUP/PULLDOWN 抵抗を割り当てます。 選択したネットを右クリックし、[Object Properties] をクリックします。

b) [New] をクリックします。

c) [Attribute Name] ボックスに、「PULLUP」または「PULLDOWN」と入力します。

d) [Attribute Value] ボックスに、「TRUE」または「FALSE」と入力します。

TRUE = 選択したタイプの抵抗をネットに適用
FALSE = 抵抗をネットに適用しない

e) 設定が終了したら [OK] をクリックし、[Apply] をクリックします。 これで、指定した信号に PULLUP または PULLDOWN 抵抗が適用されます。
AR# 15874
日付 01/08/2006
ステータス アーカイブ
種類 一般
People Also Viewed