AR# 15888

|

14.7 MAP - スライス ロジックをブロック RAM にマップする -bp オプションの使用について

説明

MAP の -bp オプションを使用すると、スライス ロジックをブロック RAM にマップできます。

このオプションはどのように機能しますか。また、どのような状況で使用するとよいですか。

ソリューション


-bp オプションを使用すると、LUT-FF の組み合わせロジックを未使用のブロック RAM にパックできます。

この機能をわずかにオーバーマップされたデザインで使用すると、ブロック RAM のロジック使用率を増加させることができます。

すべてのブロック RAM には同期レジスタ付き出力があります。

MAP では、レジスタとそれを駆動する LUT ロジックが一緒にブロック RAM の出力にパックされます。

LUT ロジックなしでレジスタをブロック RAM にパックすること、またはレジスタなしで LUT ロジックをブロック RAM にパックすることはできません。

このオプションでは、FF 出力ネット名をリストしたファイルを使用してブロック RAM をパックをすることもできます。

これには、環境変数 XIL_MAP_BRAM_FILE にファイル名を指定します。

この場合、指定のネットに関連した LUT-FF ロジックのみがブロック RAM にパックされます。  
 
PC の場合 

set XIL_MAP_BRAM_FILE=file_name

 
ワークステーションの場合 

setenv XIL_MAP_BRAM_FILE file_name


現在のところ、このオプションを使用してインプリメントすると複数の LUT と 1 つの FF のみが 1 つの出力を持つシングル ポート ブロック RAM にパックされます。

デフォルトのブロック RAM のパックでは、パフォーマンスの低下を回避するため、最低 6 入力の LUT のみが選択されます。

ブロック RAM パックの際にリストで指定すると、より小型の LUT ロジックをパックできます。 
 
ISE 環境変数の設定方法に関する一般的な情報は、(ザイリンクス アンサー 11630) を参照してください。
AR# 15888
日付 02/17/2015
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
ツール
People Also Viewed