UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 15985

5.1i ISE - Project Navigator で Global Disable of X-generation for Simulation (-xon) の値が誤って渡される

説明

キーワード : NGD2VHDL, xon, simulation, Global, disable, x-generation, undefined, propagation, timing, violation, シミュレーション, ディスエーブル, 生成, 未定義の, 伝搬, タイミング, 違反

重要度 : 標準

概要 :
[Generate Post Place-and-Route Simulation Model] プロパティでは、 [Global Disable of X-generation for Simulation] プロパティが VHDL に対して使用できます。 このプロパティをオフにすると、NGD2VHDL コマンドが -xon true になり、オンにすると NGD2VHDL コマンドが -xon false になります。

Project Navigator 5.1i では、コマンドが反対になってしまうため X 伝搬がデフォルトでオフになりシミュレーションでクリティカルな違反が検出できなくなります。

ソリューション

この問題は、最新版の 5.1i サービス パックで修正されています。サービス パックは次のサイトから入手できます。
http://support.xilinx.co.jp/support/techsup/sw_updates
この修正は、5.1i サービス パック 3 以降に含まれます。

5.1i サービス パック 3 の Project Navigator では、デフォルトでこのオプションがオフになっていますが、オフのときに -xon true、オンのときに -xon false が渡されます。

サービス パック 3 をインストールするまでは、この問題を考慮し [Design Entry Utilities] の [View Command Line Log File] で NGD2VHDL の正しい値 -xon が渡されているかを確認します。
AR# 15985
日付 02/07/2006
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加