UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 16037

5.1i タイミング シミュレーション、Spartan-II - DLL をシミュレーションすると「# ** Warning:5 */X_CLKDLL PERIOD High VIOLATION ON CLKIN;...」という警告メッセージが表示される

説明

キーワード : DLL, CLKDLL, timing, simulation, Spartan, 6, period, High, Low, violation, CLKIN, タイミング, シミュレーション, 周期, 違反

重要度 : 標準

概要 :
Spartan-II デバイスでタイミング シミュレーションを実行すると、次の警告メッセージが DLL に対してレポートされます。

"# ** Warning: */X_CLKDLL PERIOD High VIOLATION ON CLKIN;
# Expected := 11.111 ns; Observed := 10 ns; At : 602.655 ns."

この種の警告メッセージは、周期がデータシートで記述されている値に満たない場合に表示されます。 この警告メッセージは、ほとんどのケースに当てはまります。

ただし、次の状況の場合はこの警告メッセージが正しくない可能性があります。

1. Spartan-II デバイスに -6 スピード グレードが使用されている
2. CLKDLL が低周波数モードで使用され、入力クロック周波数が 90MHz 以上 100MHz 未満の場合
3. CLKDLL が高周波数モードで使用され、入力クロック周波数が 180MHz 以上 200MHz 未満の場合

このような場合、スピード ファイルで -5 スピード グレードの最大周波数が -5 と -6 スピード ファイルの両方に使用されているため、警告メッセージは正しくありません。

ソリューション

1

これらの警告メッセージは、シミュレーションに影響しないので、無視しても構いません。

この問題は、2003 年にリリースされる 5.2i で修正される予定です。

2

警告メッセージを無視できない場合、SDF ファイルを修正します。 通常は、ザイリンクス生成ファイルを修正することを推奨しませんが、警告メッセージを無視できない場合には使用してください。

SDF ファイルを編集する場合は、次の手順に従ってください。

- SDF ファイルを開き、インスタンス X_CLKDLL を検索します。 次が見つかります。

(CELL (CELLTYPE "X_CLKDLL")
(INSTANCE u2)
(DELAY
(ABSOLUTE
(PORT RST (1163:1163:1163)(1163:1163:1163))
(PORT CLKFB (995:995:995)(995:995:995))
(PORT CLKIN (6:6:6)(6:6:6))
(IOPATH CLKIN LOCKED (1177:1177:1177)(1177:1177:1177))
)
)
(TIMINGCHECK
(WIDTH (posedge RST) (3000:3000:3000))
(WIDTH (posedge CLKIN) (3000:3000:3000))
(WIDTH (negedge CLKIN) (3000:3000:3000))
(PERIOD (posedge CLKIN) (11111:11111:11111))
)
)

- PERIOD の値を次のように変更します。

(CELL (CELLTYPE "X_CLKDLL")
(INSTANCE u2)
(DELAY
(ABSOLUTE
(PORT RST (1163:1163:1163)(1163:1163:1163))
(PORT CLKFB (995:995:995)(995:995:995))
(PORT CLKIN (6:6:6)(6:6:6))
(IOPATH CLKIN LOCKED (1177:1177:1177)(1177:1177:1177))
)
)
(TIMINGCHECK
(WIDTH (posedge RST) (3000:3000:3000))
(WIDTH (posedge CLKIN) (3000:3000:3000))
(WIDTH (negedge CLKIN) (3000:3000:3000))
(PERIOD (posedge CLKIN) (10000:10000:10000))
)
)

メモ : この変更は、CLKDLL が低周波数モードで使用されている場合の -6 スピード グレードに対してのみ行います。 CLKDLL を高周波数モードで使用し、スピード グレードが -6 の場合は、 PERIOD は 5555 になっているので 5000 に変更します。
AR# 16037
日付 11/18/2008
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加