UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 16100

LogiCORE SPI-4.2 (POS PHY L4) v5.0 - Sink コア : 最後の EOP が FIFO で停滞する

説明

キーワード : SPI4.2, PL4, EOP, FIFO, POSPHY, Level 4

重要度 : 標準

概要 :
パケットが受信されると、最終の EOP が SnkFFData バスで止まってしまいます。また、SnkFFValid はこのときアサート解除されます。

ソリューション

この問題は、SnkFFRdEn_n のアサートが早く解除されすぎると発生します。 SnkFFValid は SnkFFRdEn_n から派生したもので、SnkFFRdEn_n のアサートが解除されると、SnkFFValid もその 1 クロック サイクル後にアサート解除されます。

データシートでは、SnkFFAlmostEmpty_n がアサートされてから 1 クロック サイクル後に SnkFFRdEn_n のアサートを解除するように記述されていますが、 SnkFFRdEn_n は、SnkFFAlmostEmpty_n および SnkFFEmpty のファンクションにすべきです。 v5.0 のコアのデザイン例 (pl4_design_example.pdf) の 5、6 ページに、このステート マシンの例が含まれています。この例の回路のように、SnkFFRdEn_n のアサートが早く解除されないようにしてください。

この情報は、今後このデータシートをアップデートする際に含める予定です。
AR# 16100
日付 05/03/2010
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加