UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 16230

LogiCORE SPI-4.2 (POS PHY L4) v5.0 - Overflown_n が FFAlmostFull_n より前にアサートされ、データが失われる

説明

キーワード : PL4, core, Sink, Source, CORE Generator, COREGen, SrcAFThresAssert, SrcAFThresNeg, SnkAFThresAssert, SnkAFThresNeg, SnkOverflow_n, SrcOverflow_n, v4.0, コア, シンク, ソース

重要度 : 標準

概要 :
ザイリンクス SPI-4.2 コアを使用していますが、次のスタティック コンフィギュレーション信号を 6 未満に設定すると、データが失われます。

SrcAFThresAssert
SrcAFThresNeg
SnkAFThresAssert
SnkAFThresNeg

この場合、FFAlmostFull_n (アクティブ Low) がアサートされる前に、Overflow_n フラグがアサートされます。

ソリューション

v5.2 の SPI-4.2 (PL4) コアのデータシートの「Sink Static Configuration Signals」と「Source Static Configuration Signals」セクションに、これらのコンフィギュレーション信号の最小値は 4 であると記述されていますが、この情報は間違っています。 これらのしきい値信号の最小値は、次のとおりです。

SrcAFThresAssert = 6
SrcAFThresNeg = 6
SnkAFThresAssert = 6
SnkAFThresNeg =6

v5.1 および v5.2 SPI-4.2 のアップデートで、データシートの情報は修正されています。
http://support.xilinx.co.jp/ipcenter/catalog/logicore/docs/posphyl4_spec.pdf
AR# 16230
日付 05/03/2010
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加