UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 16324

PowerPC - オンチップ メモリ (OCM) の I-サイドまたは D-サイドへのクロックについて

説明

キーワード : Virtex-II Pro, V2P, PPC, PowerPC, OCM

重要度 : 標準

概要 :
PowerPC プロセッサ用のオンチップ メモリ (OCM) の I-サイドまたは D-サイドへのクロックは何ですか。 OCM のクロック レートはどのように選択しますか。

ソリューション

OCM クロックは CPU クロックの比率である必要があります。

- シングル サイクル モード アクセス -- OCM クロック : CPU クロック = 1:1
- マルチサイクル モード アクセス -- OCM クロック : CPU クロック = 1:N (周波数)、この N=1, 2, 3, 4 は、DCR の値が DSCNTL/ISCNTL レジスタに書き込まれる時、ファームウェアを介して、ダイナミックに設定されます。 また、FPGA の DSCNTLVALUE/ISCNTLVALUE PPC ポートをハードワイヤすることで、固定値に設定できます。

OCM の I サイドのクロック、および D サイドのクロックは独立しています。 これらの OCM クロックの立ち上がりエッジは、CPU クロックの立ち上がりエッジに合わせる必要があります。

適切な比率を決定するには、次の手順に従ってください。

1. OCM サイズを決める (BRAM の数など)。
2. このオンチップ メモリ (BRAM ブロック) への、ワースト リード/ライト アクセス タイミング レポートを実行する。
3. このワースト ケース タイミングを CPU のクロック周期と比較し、ステップ 2 で確認したワースト ケースを許容できる比率を探す。
4. この比率を設定する。設定方法は、DSCNTL/ISCNTL レジスタへの DCR 書き込みを利用するか、または FPGA で DSCNTLVALUE/ISCNTLVALUE PPC ポートをハードワイヤして、固定値を設定する。

DCM を正しく使用するには、さらに手順を踏んでいく必要があります。 詳細については、次を参照してください。
- 『PowerPC 405 Processor Block Reference Guide』の「PowerPC 405 OCM Controller」の章
- 『PowerPC Processor Reference Guide』の「Memory-System Management」の章
- アプリケーション ノート (Xilinx XAPP644) 「PLB vs. OCM Comparison using the Packet Processor Software」
AR# 16324
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加