UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 16450

LogiCORE BUFE Multiplexer および BUFT Multiplexer v6.0 - Spartan-3 アーキテクチャでのサポートについて

説明




BUFE および BUFT マルチプレクサは Spartan-3 アーキテクチャでサポートされていますか。



データシートの「Feature」セクションでは Spartan-3 がサポートされると記載されていますが、「Functional Description」には次のように記載されています。



"Note that due to the absence of internal BUFT primitives from the Spartan-3 architecture, it is not possible to utilize this core in any Spartan-3 device." (日本語訳 : Spartan-3 アーキテクチャには内部 BUFT プリミティブが含まれていないため、Spartan-3 デバイスではこのコアは使用できません。)



BUFE Multiplexer v6.0 および BUFT Multiplexer v6.0 のデータシートの記述は矛盾しています。どちらが正しいですか。

ソリューション


正しい記述は、次のとおりです。



"Due to the absence of internal BUFT primitives in the Spartan-3 architecture, it is not possible to implement the core using BUFT primitives. As a result, the core is implemented using slice logic." (日本語訳 : Spartan-3 アーキテクチャには内部 BUFT プリミティブが含まれていないため、Spartan-3 デバイスではコアを BUFT プリミティブを使用してインプリメントすることはできません。コアはスライス ロジックを使用してインプリメントされます。)



つまり、Spartan-3 をターゲット デバイスとして選択すると、コアは BUFT プリミティブではなくスライス ロジックを使用してインプリメントされるということです。コアの次のバージョンで、データシートの記述を修正する予定です。
AR# 16450
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加