UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 16521

XST - VHDL INI ファイルの定義方法

説明

キーワード : HDP, XSTHDPINI, XSTHDPDIR, library, mapping, ライブラリ, マップ

重要度 : 標準

概要 :
バージョン 4.1i の XST で、ライブラリ マップ ファイルと 2 つのパラメータ XSTHDPINI および XSTHDPDIR を導入することにより、HDL ライブラリの管理が大幅に向上しました。


ソリューション

このファイルのフォーマットを使用して、独自のライブラリの場所を定義できます。 デフォルトでは、コンパイルされたすべての VHDL ファイルは、ISE プロジェクト ディレクトリの xst サブディレクトリに保存されます。 カスタム INI ファイルは、次の方法でディスクに保存できます。

- ISE の [Synthesis] プロセスの [Process Properties] ダイアログ ボックスで [Synthesis Options] タブにある [VHDL INI File] で INI ファイルを選択します。
- スタンドアロン モードで次のコマンドを使用し、XSTHDPINI パラメータを設定します。
set -xsthdpini <file_name>

このライブラリ マップ ファイルには任意の名前を付けることができますが、拡張子 INI はそのままにしておきます。 フォーマット : <library_name>=<path_to_compiled_directory>. (Use "--" for comments.)

my.ini の記述例 :
work1=H:\Users\conf\my_lib\work1
work2=C:\mylib\work2

XSTHDPDIR パラメータは、コンパイルされた VHDL ファイルの保存場所がライブラリ マップ ファイルで定義されていない場合に、ファイルの保存場所を定義します。 このオプションは、次のいずれかの方法で設定できます。

- ISE の [Synthesis] プロセスの [Process Properties] ダイアログ ボックスで [Synthesis Options] タブにある [VHDL Work Directory] で指定する
スタンドアロン モードで次のコマンドを使用します。
set -xsthdpdir <file_name>

:
1 つのプロジェクトを 3 人のユーザーで作業しているとします。 プロジェクトのマクロ ブロックを含む、既にコンパイルされたライブラリ「shlib」を全員で共有します。 各ユーザーは、それぞれローカルにも作業ライブラリを持っていますが、ユーザー 3 はこれをプロジェクト ディレクトリ以外の場所 (c:\temp) に保存しています。 ユーザー No. 1 および No. 2 は、別のライブラリ (lib12) も共有していますが、ユーザー No. 3 とは共有していません。 この 3 人のユーザーに必要な設定は次のとおりです。

ユーザー 1:
Mapping file:
shlib=z:\sharedlibs\shlib
lib12=z:\userlibs\lib12

ユーザー 2:
Mapping file:
shlib=z:\sharedlibs\shlib
lib12=z:\userlibs\lib12

ユーザー 3:
Mapping file:
shlib=z:\sharedlibs\shlib

ユーザー 3 は次も設定する必要があります。
XSTHDPDIR = c:\temp
AR# 16521
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加