UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 16695

7.1i ePDCore - ePD と ViewDraw から CORE Generator を起動できない

説明

キーワード : eProduct, Dashboard, Dxdesigner, Innoveda, Mentor, interface, COREGen, schematic, symbol, シンボル, インターフェイス, 回路図

重要度 : 標準

概要 :
ViewDraw から [Xilinx] および [Xilinx CORE Generator] オプションを使用できません。

CORE Generator に ViewDraw 回路図入力ツールが統合され、パラメータ化されたデザイン ブロックの作成が簡単になっています。 このため、ViewDraw のメニューで [Xilinx] -> [Xilinx CORE Generator] をクリックして CORE Generator を開くことができるはずです。 CORE Generator を起動するには、回路図を右クリックして [Xilinx CORE Generator] をクリックします。

ソリューション

1

XILINX 環境変数の設定

XILINX 環境変数には、正しいザイリンクス ソフトウェア インストールのディレクトリを指定する必要があります。

Solaris の場合 :
XILINX=/Tools/software/xilinx7

Windows の場合 :
Xilinx=C:\xilinx

WDIR 環境変数には、ePDCore ファイルのディレクトリを含める必要があります。

WDIR 環境変数に、PDCore ファイルのパスを追加してください。区分記号には、Solarise の場合はコロン (:) を、Windows の場合はセミコロン (;) を使用してください。

Solaris の場合 :
WDIR=<existing path>:$XILINX/viewlog/data

Windows の場合 :
WDIR=<existing path>;%XILINX%\viewlog\data

EPDCORE 環境変数には、ePDCore ファイルのディレクトリを含める必要があります。

EPDCORE 環境変数を作成し、ソース ファイルへのパスを追加してください。

Solaris の場合 :
EPDCORE=$XILINX/viewlog/data

Windows の場合 :
EPDCORE=%XILINX%\viewlog\data

viewdraw.ini ファイルに Xilinx ライブラリを追加

エイリアスを使用し、次のディレクトリ パスを、手動で追加するか (「virtex」をほかの Xilinx ライブラリに置き換え)、Dashboard の [Add library] オプションを使用して追加します。 ePDCore を実行する前に、これらのライブラリ パスを追加しておくことは重要です。

DIR [rm] $XILINX\viewlog\data\virtex (virtex)
DIR [rm] $XILINX\viewlog\data\builtin (builtin)
DIR [rm] $XILINX\viewlog\data\xbuiltin (xbuiltin)

2

ViewDraw で [Xilinx] オプションを使用するには、まず回路図シートを開いておく必要があります。

3

Windows によっては、次のように、環境変数パスのディレクトリの区分にバックスラッシュではなく、スラッシュを使用しなければならないことがあります。

XILINX=c:/applications/xilinx
EPDCORE=%XILINX%/viewlog/data
WDIR <existing path>;%XILINX%/viewlog/data

上記のように設定すると、ViewDraw で [Xilinx] オプションを使用できるようになります。 ただし、上記の環境変数のいずれかに、スラッシュ (/) の代わりにバックスラッシュ (\) を使用すると、ViewDraw で [Xilinx] オプションが表示されないか、ライセンス エラーが発生します。
AR# 16695
日付 03/21/2006
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加