UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 16741

PROM XC18V00 (PCN/ACN) - 新しい XC18V00 Cross-ship のプログラミング サポート要件について

説明

キーワード : iMPACT, HW-130, 18v00, unknown, device, 583, idcode, match, error, programmer, XAPP058, invalid, id, continuity check, BSDL, update, operation, failed, 不明, デバイス, 一致, エラー, プログラマ, 不正, 連続チェック, アップデート, 操作, 停止

重要度 : 標準

概要 :
XC18V00 Cross-ship PROM は、元の XC18V00 PROM の代替品です。 ただし、JTAG IDCODE や消去シーケンスを変更する場合、新しいデバイスをサポートするために、プログラミング アルゴリズムと BSDL ファイルをアップデートする必要があります。

アップデートが必要なアルゴリズムおよびファイルは、次のとおりです。
- ザイリンクス iMPACT ソフトウェア
- ザイリンクス HW-130
- サードパーティ プログラマ
- サードパーティ バウンダリ スキャン ツールおよび自動テスト装置 (ATE) 用の SVF または STAPL ファイル
- エンベデッド ソフトウェア アルゴリズム

この変更は、既存の XC18v00 デバイスのプログラミングには影響しません。

詳細については、次のお知らせをご覧ください。

2003 年 6 月 10 日 - Product Change Notification (PCN)
「Additional Manufacturer for the XC18V00 Family of In-System Programmable Configuration PROMs」
http://direct.xilinx.co.jp/bvdocs/notifications/pcn2003-04.pdf

2003 年 6 月 10 日 - Algorithm Change Notification (ACN)
「A change in the programming algorithm for the C-grade members of the XC18V00 Family」
http://direct.xilinx.co.jp/bvdocs/notifications/acn2003-01.pdf

2004 年 8 月 9 日 - Product Change Notification (PCN)
「Design Enhancement for the XC18V00 PROMs Manufactured at STMicroelectronics」
http://direct.xilinx.co.jp/bvdocs/notifications/pcn2004-17.pdf

ソリューション

1

ザイリンクス iMPACT プログラマ
1. XC18V00 Cross-ship デバイスがサポートされる iMPACT のバージョンは何ですか。
新しい XC18V00 Cross-ship PROM は、iMPACT 5.2i サービス パック 3 またはそれ以降でサポートされています。 最新の 5.2i サービス パックのアップデートは、次のサイトから入手できます。
http://www.xilinx.co.jp/xlnx/xil_sw_updates_home.jsp
アップデートは、5.2i サービス パック 3 以降に含まれています。

2. iMPACT 5.1i サービス パック 3 またはそれ以前のバージョンで Cross-ship デバイスをプログラムしようとすると、どうなりますか。
- iMPACT で不明なデバイスが認識されます。
- プログラミングが停止し、次のメッセージが表示されます。
Operation Terminated.
ERROR:iMPACT:583 - '1': The idcode read from the device does not match the idcode in the bsdl File.

3. iMPACT で MultiPRO デスクトップ プログラマを使用して Cross-ship PROM をプログラムできますか。
プログラムできます。 ただし、iMPACT 5.2i サービス パック 3 またはそれ以降にアップデートする必要があります。 18v00 Cross-ship デバイスは、MultiPRO デスクトップ プログラマでサポートされています。
http://www.xilinx.co.jp/xlnx/xil_prodcat_product.jsp?title=csd_cables

2

ザイリンクス HW-130
1. HW-130 プログラマを使用して Cross-ship PROM をプログラムできますか。
プログラムできます。 ただし、HW-130 アルゴリズムのバージョンを 5.03 またはそれ以降にアップデートする必要があります。 最新のアルゴリズム アップデートは、次のサイトからダウンロードできます。
http://www.xilinx.co.jp/support/troubleshoot/htm_index/sw_programmer.htm

2. バージョンの古いアルゴリズムで XC18V00 Cross-ship デバイスをプログラムしようとすると、どうなりますか。
HW-130 プログラマで、次のような警告メッセージが表示されます。
Warning: Invalid device ID, Check Device

3

サードパーティ プログラマの注意事項
BP Microsystems 社などサードパーティのプログラミング ソリューションによっては、XC18V00 Cross-ship がカスタマに送られる前にアップデートされているものがあります。 該当する PCN および ACN を参照してください。

BP Microsystems プログラマ (サードパーティ プログラマ)
1. BP Microsystems プログラマを使用して Cross-ship PROM をプログラムできますか。
プログラムできます。 ただし、アルゴリズムのバージョンを BPWin 4.37.0 または BPDOS 3.74a にアップデートする必要があります。 最新のアルゴリズム アップデートは、BP Microsystems 社のサイトからダウンロードできます。 BP Microsystems 社のサイトは、次のページから参照してください。
http://www.xilinx.co.jp/support/programr/yel_pages.htm#bp

2. バージョンの古いアルゴリズムで XC18V00 Cross-ship デバイスをプログラムしようとすると、どうなりますか。
BP Microsystems プログラマで、次のようなメッセージが表示されます。
Continuity check - FAILED.

Data I/O プログラマ (サードパーティ プログラマ)
1. Data I/O プログラマを使用して Cross-ship PROM をプログラムできますか。
プログラムできます。 ベータ バージョンの XC18V00 Cross-ship アルゴリズムは、次のサイトから入手できます。
ftp://ftp.dataio.com/betaalgs/
ファイル名 : xil_18vx_72.exe、xil_18vx_71.exe またはそれ以降が必要です。
Data I/O 社のサイトは、次のページから参照してください。
http://www.xilinx.co.jp/support/programr/yel_pages.htm#dataio

2. バージョンの古いアルゴリズムで XC18V00 Cross-ship デバイスをプログラムしようとすると、どうなりますか。
Data I/O プログラマで、次のようなメッセージが表示されます。
Operation Failed: Electronic ID error.

4

サードパーティのバウンダリ スキャン ツール、自動テスト装置 (ATE) ツール、エンベデッド ソリューションの注意事項
1. 新しいデバイスのインターコネクト テストに対してバウンダリ スキャン テスト ベクタを再生成する必要がありますか。
必要です。 XC18V00 Cross-ship デバイスの IDCODES は異なっているため、次のサイトから新しい BSDL ファイルを入手する必要があります。
http://www.xilinx.co.jp/support/sw_bsdl.htm

2. XC18V00 Cross-ship デバイスに対して SVF または STAPL ファイルを再生成する必要がありますか。
はい。 SVF および STAPL ファイルには、iMPACT で使用されるアルゴリズムが反映されています。 このため、iMPACT 5.2i サービス パック 3 以降を使用して、18V00 Cross-ship デバイスをプログラムするため正しい SVF またはSTAPL ファイルを生成する必要があります。

3. サードパーティのバウンダリ スキャン ツールを使用して XC18V00 Cross-ship デバイスをプログラムおよびテストできますか。
サードパーティのバウンダリ スキャン ツールで SVF または STAPL ファイルから生成されたベクタを使用する場合、iMPACT を 5.2i サービス パック 3 以降にアップデートしてから、SVF または STAPL ファイルを再生成する必要があります。

XC18V00 Cross-ship デバイスの IDCODES は異なっているため、次のサイトから新しい BSDL ファイルを入手する必要があります。
http://www.xilinx.co.jp/support/sw_bsdl.htm

サードパーティのバウンダリ スキャン ツールは、次のサイトを参照してください。
http://www.xilinx.co.jp/xlnx/xil_prodcat_systemsolution.jsp?title=isp_3ptytools_page

4. ATE (自動テスト装置) ツールを使用して XC18V00 Cross-ship デバイスをプログラムおよびテストできますか。
ATE ツールで SVF ファイルから生成されたベクタを使用する場合、iMPACT を 5.2i サービス パック 3 以降にアップデートしてから、SVF ファイルを再生成する必要があります。 XC18V00 Cross-ship デバイスの IDCODES は異なっているため、次のサイトから新しい BSDL ファイルを入手する必要があります。
http://www.xilinx.co.jp/support/sw_bsdl.htm

ATE ツールは、次のサイトを参照してください。
http://www.xilinx.co.jp/xlnx/xil_prodcat_product.jsp?title=isp_ate_page

5. XC18V00 Cross-ship デバイスをサポートするため、エンベデッド ソリューションをアップデートする必要がありますか。
必要です。 XC18V00 Cross-ship デバイスでは、アルゴリズムを変更しなければならないため、エンベデッド ソリューションをアップデートする必要があります。 (Xilinx XAPP058) : 「Xilinx In-System Programming Using an Embedded Microcontroller」 に沿ってエンベデッド ソリューションをインプリメントする場合、iMPACT 5.2i サービス パック 3 を使用して SVF ファイルをアップデートする必要があります。 その後、SVF2XSVF トランスレータ 5.02 以降を使用して、SVF ファイルを XSVF ファイルに変換します。 推奨する XSVF プレイヤは、5.01 以降です。 ただし、それ以前の XSVF プレイヤ (5.00 または 4.xx など) も使用できます。 最新バージョンの SVF2XSVF および PLAYXSVF ユーティリティは、最新バージョンのアプリケーション ノート (Xilinx XAPP058) に記載されています。

 XAPP058 Support Matrix
XAPP058 Support Matrix


メモ : 5.01 以前の XSVF プレイヤは XC18V00 Cross-Ship デバイスと互換性がなければならないという特別な要件を満たすためにダウンロードした XAPP058 参照ファイルの readme_xc18v00_xcf00s.txt ファイルを参照してください。 XAPP058 参照ファイルは、次のサイトからダウンロードできます。
http://www.xilinx.co.jp/isp/microprocessor.htm

Perl スクリプトは、XC18V00 プログラミング ベクタを含む既存の iMPACT SVF ファイルをアップデートして、XC18V00 Cross-ship デバイスと互換性を持たせるために使用できます。 UpdateXc18v00Svf.pl スクリプトは、次のサイトから入手できます。
http://www.xilinx.com/txpatches/pub/utilities/prom/updatexc18v00svf.zip

6. 元の BSDL ファイル、SVF ファイル、STAPL ファイルを使用して XC18V00 Cross-ship デバイスで操作を実行しようとすると、どうなりますか。
ほとんどの操作で IDCODE がチェックされるため、通常 IDCODE と ISP が停止したり、TDO が一致しなかったり、同じようなメッセージが表示されます。 (使用しているソフトウェアやエンベデッド ソリューションによって現象は異なります。)

5

XC18V00 Cross-ship に関する一般的な質問
1. 新しいプログラミング アルゴリズムは、元の XC18V00 デバイスと互換性がありますか。
はい。 新しいプログラミング アルゴリズムは、元の XC18V00 デバイスと下位互換性があります。 iMPACT 5.2i サービス パック 3 以降で作成された SVF および STAPL ファイルは、すべての 18V00 PROM に使用できます。

2. 新しいプログラミング アルゴリズムは、古いアルゴリズムとどう違いますか。
元の XC18V00 に比べて、消去時間が 15 秒程度長くなっています。 これは回避できません。 この点が心配であれば、ブランク チェックを実行して必要のない消去サイクルを回避してください。

3. 新しいデバイスに対して PROM ファイル (拡張子が .mcs、.exo、.hex など) を再生成する必要がありますか。
必要ありません。 PROM ファイルには、プログラミング アルゴリズム情報が含まれていません。

4. I グレード デバイスの代替品はどこで入手できますか。
新しい XC18V00 デバイスは、I (インダストリアル) デバイスとは記されていません。 すべての 18V00 Cross-ship デバイスは、C (コマーシャル) デバイスと記されていますが、工業用温度範囲 (温度範囲 I) でテスト済みです。 このため、同じ集積度のコマーシャル グレード XC18V00 デバイスを使用できます。

5. XC18V00 Cross-ship PROM では、ピン接続またはピン設定に変更を加える必要がありますか。 XC18V00 Cross-ship の電圧要件に変更はありますか。
ありません。 XC18v00 Cross-ship PROM は、古いバージョンの代替品です。

6. XC18V256 デバイスの代替品は何ですか。
18V00 Cross-ship デバイスには、256Mb の集積度が含まれていません。 このデバイスの代替品は、XC18V512 です。 XC18V256 の PDN は、次のサイトを参照してください。
http://www.xilinx.co.jp/bvdocs/notifications/pdn2003-05.pdf
AR# 16741
日付 08/09/2004
ステータス アクティブ
種類 ??????
このページをブックマークに追加