AR# 16789

|

8.1i ISE 回路図 - 回路図チェックで「ERROR:DesignEntry:31 - drawing attribute name ''Type'' is a reserved keyword for VHDL.」というエラー メッセージが表示される

説明

キーワード : ECS, symbol, attribute, type, DRC, Verilog, 回路図, シンボル, 属性, タイプ, デザイン ルール チェック, 予約語

最上位の回路図デザインでプロセスを実行すると、ISE で次のような DRC エラー メッセージが表示されます。


"ERROR:DesignEntry:31 - drawing attribute name "Type" is a reserved keyword for VHDL."

ソリューション

ISE 5.1 以前のバージョンで作成したシンボル ファイルには、シンボル オブジェクト プロパティに Type という名前の属性が付いていることがあります。 ISE 6.1i 以降では、この属性が VHDL の予約語であるため、回路図のデザイン ルール チェックでエラー メッセージが表示されます。 これは、ISE 6.1i から混合言語機能が追加されたので、回路図で、VHDL と Verilog のどちらの予約語もチェックされるようになったためです。

Type 属性を削除するには、次の手順に従ってください。
1. ECS でシンボル ファイルを開きます。
2. [Edit] -> [Object Properties] をクリックします。
3. 属性名 Type をクリックし、[Delete] ボタンをクリックします。
4. シンボルを保存します。

Verilog のみのフローでこの VHDL の予約語を無視するには、次の手順に従ってください。
1. ECS を開きます。
2. [Edit] -> [Preferences] をクリックします。
3. [Category] ウィンドウで Symbol Editor の下の [Check] をクリックします。
4. [Check VHDL Reserved Keywords] をオフにします。
AR# 16789
日付 12/12/2006
ステータス アーカイブ
種類 一般
People Also Viewed