UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 17017

5.2i iMPACT - [Initialize Chain] を実行すると、XC2S150E/200E が不明なデバイスとして表示される

説明

キーワード : XC2S200E, Spartan-IIE, 2S200E, 2S150E, 501

重要度 : 標準

概要 :
5.2i iMPACT を使用し、XC2S200E または XC2S150E デバイスを含む JTAG チェーンで [Initialize Chain] を実行すると、次のように XC2S200E または XC2S150E が不明なデバイスとして表示されます。

"Identifying chain contents ....
The part does not appear to be Xilinx Part.
INFO:iMPACT:501 - '1': Added Device UNKNOWN successfully."

ソリューション

このようなメッセージが表示されても、そのデバイスに対して問題なく JTAG 操作を実行できます。

不明なデバイスに該当する BIT ファイルを割り当て、通常どおりにプログラム、IDCODE、または検証作業を行ってください。

XC2S200E の問題は、最新版の 5.2i サービス パックで修正されています。サービス パックは次のサイトから入手できます。
http://www.xilinx.co.jp/xlnx/xil_sw_updates_home.jsp
この修正は、5.2i サービス パック 3 以降に含まれます。

XC2S150E の問題は、6.1i ソフトウェア リリースで修正されています。
AR# 17017
日付 07/26/2011
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加