AR# 17017

|

5.2i iMPACT - [Initialize Chain] を実行すると、XC2S150E/200E が不明なデバイスとして表示される

説明

キーワード : XC2S200E, Spartan-IIE, 2S200E, 2S150E, 501

重要度 : 標準

概要 :
5.2i iMPACT を使用し、XC2S200E または XC2S150E デバイスを含む JTAG チェーンで [Initialize Chain] を実行すると、次のように XC2S200E または XC2S150E が不明なデバイスとして表示されます。

"Identifying chain contents ....
The part does not appear to be Xilinx Part.
INFO:iMPACT:501 - '1': Added Device UNKNOWN successfully."

ソリューション

このようなメッセージが表示されても、そのデバイスに対して問題なく JTAG 操作を実行できます。

不明なデバイスに該当する BIT ファイルを割り当て、通常どおりにプログラム、IDCODE、または検証作業を行ってください。

XC2S200E の問題は、最新版の 5.2i サービス パックで修正されています。サービス パックは次のサイトから入手できます。
http://www.xilinx.co.jp/xlnx/xil_sw_updates_home.jsp
この修正は、5.2i サービス パック 3 以降に含まれます。

XC2S150E の問題は、6.1i ソフトウェア リリースで修正されています。
AR# 17017
日付 07/26/2011
ステータス アーカイブ
種類 一般
People Also Viewed