UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 17024

3.2 EDK - XPS で UniSim プリミティブをインスタンシエートする方法について

説明

キーワード : UniSim, MHS, MPD, primitive, XPS, EDK, プリミティブ

重要度 : 標準

概要 :
XPS で UniSim プリミティブをインスタンシエートする方法について

ソリューション

1

UniSim コンポーネントをインスタンシエートする最上位の HDL ファイルに対してサブ モジュール MHS を作成できます。



2

最上位の MHS ファイルでは、次の例のように UniSim コンポーネントが直接インスタンシエートされます。ただし各 UniSim プリミティブに対して MPD 定義を作成する必要があります。

# Example MHS File
PORT clk_p = clk_p, DIR=IN
PORT clk_n = clk_n, DIR=IN

BEGIN my_ibufgds
PORT I = clk_p
PORT IB = clk_n
PORT O = clk_ibufgout
END

BEGIN my_ibufg
PORT I = clk_ibufgout
PORT O = CLK_int
END


# Example MPD (my_ibufgds)
BEGIN my_ibufgds, IPTYPE=IP, IMP_NETLIST=TRUE
PORT I = "", DIR=IN, IOB_STATE=BUF
PORT IB = "", DIR=IN, IOB_STATE=BUF
PORT O = "", DIR=OUT
END

# MPD ファイル例 (my_bufg)
BEGIN my_bufg, IPTYPE=IP, IMP_NETLIST=TRUE
PORT I = "", DIR=IN
PORT O = "", DIR=OUT
END

さらに、UniSim コンポーネントをインスタンシエートする HDL ファイルを作成する必要があります。
AR# 17024
日付 04/28/2006
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加