UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 17089

Virtex-II Pro RocketIO - 別のレギュレータを使用せずに AC カップリング リンクの VTRX ピンに 1.6-1.8v を供給する方法

説明

キーワード : Rocket, RocketIO, RocketI/O, VTRX, VTTX, AC, DC, couple, カップリング

別のレギュレータを使用せずに VTRX に 1.6-1.8v を供給する方法を教えてください。

ソリューション

VTRX ピンで使用する電流は少量のため、Virtex-II Pro デバイス上の VTRX ピンに電流を供給する場合は、次の回路を使用して 2.5V アナログ供給から 1.7V を取得できます。このコンフィギュレーションは ML321 RocketIO 特性評価ボードで検証済みです。各 VTRX で別の分圧器を使用すると、この抵抗パッケージには使用可能なインダクタンスが十分にあるため、許容範囲のフィルタリングにフェライト ビーズは必要ありません。
分圧器
分圧器


分圧器は複数のトランシーバーで共有できます。この場合、分圧器の値は減らします。VTRX ピンが 2 つの場合は、分圧器の抵抗を 201 と 500 オームにし、8 つの場合は 50 と 125 オームにします。この設定の場合、各トランシーバの VTRX ピンにそれぞれバイパス ネットワークが必要で、このネットワークには常にフェライト ビーズが、パッケージによってはバイパス キャパシタが含まれます。バイパス キャパシタの詳細は、(Xilinx Answer 18872)) を参照してください。



AR# 17089
日付 12/15/2012
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加