UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 17244

Virtex-II Pro/Virtex-4 - 差動入力ペアで差動終端 (DT) を使用した新しい 4 つの I/O 規格について

説明

キーワード : terminated, LVDS, terminate, resistor, 100, ohms, DT, DIFF_TERM, 終端, 抵抗

Virtex-II Pro/Virtex-4 では、差動入力ペアで差動終端 (DT) を使用した新しい 4 つの I/O 規格が使用できます。これらの I/O 規格は、Virtex-II Pro および Virtex-4 の差動入力に対してのみ、差動終端抵抗をイネーブルにします。Virtex-II ではサポートされていません。Virtex-II Pro/Virtex-4 のオンチップ差動入力終端は、外部抵抗または DCI 終端よりも有用です。

このサポートは ISE 5.2i サービス パック 3 以降に含まれます。

Virtex-II Pro の DT I/O 規格は、次のとおりです。

LVDS_25_DT
LVDSEXT_25_DT
LDT_25_DT
ULVDS_25_DT

Virtex-4 では、同じ 4 つの I/O 規格 LVDS_25、LVDSEXT_25、LDT_25、ULVDS_25 で DIFF_TERM 属性を使用して DT をイネーブルにします。

メモ :
- これらの I/O 規格を出力に使用すると、ソフトウェアでエラーが発生します。詳細は、(Xilinx Answer 14128) を参照してください。
- これらの I/O 規格を IBUFGDS_DIFF_OUT 入力バッファに使用した場合、終端は使用できません。この問題は、6.3i サービス パック 1 で修正されています。

ソリューション

1

Virtex-II Pro デバイス サポート
現在のところ、Virtex-II Pro の製品デバイスで差動終端がサポートされています。

ただし、XC2VP7 および XC2VP20 デバイスでは、差動終端をサポートするデバイスをご注文の際に、注文コード SCD を使用してください。デバイスの在庫および注文方法については、ザイリンクスの販売代理店までお問い合わせください。

背景情報
2003 年 4 月に、XC2VP7 および XC2VP20 が、初期製造回路リビジョン B で認証された最初のデバイスとして製造されました。これらのデバイスは、差動終端をサポートしていませんでしたが、その後、差動終端をサポートしたその他の Virtex-II Pro デバイスが生産されました。XC2VP7 および XC2VP20 デバイスには、回路リビジョン C で差動終端が追加されました。回路 (マスク) リビジョンは、下に説明する 3 文字コードの最初の文字で示されます。

デバイスの識別
3 文字コードは、パッケージ マークの 2 行目、パッケージ タイプの後に示されます。 例 :

XC2VP4
FG456CGB0312
F12958
-5C

この例の 3 文字コードは CGB で、1 文字目の C で回路 (マスク) リビジョン C であることが示されています。デバイス マークの詳細については、(Xilinx Answer 1067) を参照してください。

また、SCD コードのデバイスには、4 行目のスピード グレードの後に 4 桁の SCD 番号が示されます。たとえば、-5C #### のようになります。

Virtex-II Pro ES (パッケージにマークあり) デバイスまたはコードが SCD でない XC2VP7/XC2VP20 デバイスについては、次の表で差動終端をサポートする Virtex-II Pro デバイスの ID コードとそれに対応する JTAG ID を示します。
サポートされるデバイス
サポートされるデバイス


メモ :
- すべての 2VP30 および大型のデバイスは DT をサポートします。
- XC2VP4 および XC2VP7 の場合のみ、回路リビジョン C を示すマークと JTAG ID で DCIUpdateMode のサポートも示されます。 DCIUpdateMode のサポートの詳細は、(Xilinx Answer 13012) を参照してください。 DCI は DT とは異なります。
- DT サポートのないデバイスでは、LVDS_25_DCI および LVDSEXT_25_DCI I/O 規格をオンチップの LVDS 入力終端を提供するために使用できます。DT と DCI の違いは、次のとおりです。DCI の詳細は、Virtex-II Pro データシートおよびユーザー ガイドを参照してください。

データシートは次のウェブ サイトを参照してください。
http://www.xilinx.com/support/documentation/data_sheets.htm

ユーザー ガイドは次のウェブ サイトを参照してください。
http://www.xilinx.com/support/documentation/user_guides.htm

インスタンシエーション テンプレートおよび終端図
次のウェブサイトからダウンロードできる 『Virtex-II Pro データシート』を参照してください。
http://www.xilinx.com/support/documentation/virtex-ii_pro_data_sheets.htm

終端図および I/O バンク/電圧の互換性については、Virtex-II Pro の機能の詳細 (モジュール 2) -> 機能の詳細の「IOB (入力/出力ブロック)」および「オンチップ差動終端」のセクションを参照してください。

インスタンシエーションのテンプレートの詳細は、次のウェブ サイトから入手できる『Virtex-II Pro プラットフォーム FPGA ユーザー ガイド』を参照してください。
http://www.xilinx.com/support/documentation/virtex-ii_pro_user_guides.htm

1. [FPGA デバイス ファミリ] -> [Virtex-II Pro] から 『Virtex-II Pro プラットフォーム FPGA ユーザー ガイド』 を選択してください。
2. [デザインに関する注意事項] から [LVDS I/O] を選択してください。

2

Virtex-4 デバイスのサポート
DT は、すべての Virtex-4 デバイスでサポートされます。

属性および終端図
Virtex-4 では、IBUFDS/IBUFGDS インスタンスに DIFF_TERM 属性を設定すると、DT が有効になります。

属性および終端図については、『Virtex-4 ユーザー ガイド』を参照してください。
http://www.xilinx.com/support/documentation/virtex-4_user_guides.htm

セレクト IO リソース -> Virtex-4 IO がサポートする規格のガイドライン -> 差動終端 : DIFF_TERM 属性

3

デザイン ガイドライン
特記のない限り、Virtex-II Pro/X および Virtex-4 に、次のガイドラインが適用されます。

オンチップ差動入力終端を使用するための必要条件
100 オームの有効な終端を行うため、I/O バンクの VCCO を 2.5V に接続する必要があります。差動終端 /O 規格は、使用するバンクの VCCO=2.5V +/- 5% でのみ使用できます。これは入力のみの規格です。VCCO = 3.3V のバンクでは、差動 I/O 規格は使用できません。

メモ : ISE 6.1i から、この要件はソフトウェアにインプリメントされています。

外部終端に対するオンチップ差動入力終端の利点
オンチップ終端は入力バッファの直前にあるため、レシーバでのスタブを完全に削除でき、シグナル インテグリティが大幅に向上します。

DCI 終端に対するオンチップ差動入力終端の利点
- DCI 終端では、VCCO/2 への DCI 終端により静止電力が消費されます。LVDS_25_DCI の電力コストの詳細は、(Xilinx Answer 15633) を参照してください
- オンチップ終端の場合、DCI による静止電力の消費は発生しません。
- DT を通過する電流はトランスミッタから入り、トランスミッタに戻るため、入力のオンチップ DT で電力は消費されず、この電流で VCCO 電流 (電圧) が増加することはありません。
- DCI 終端では VCCO/2 の入力同相電圧 (1.25V) が供給されるので、より低い Vicm (600mV) 電圧を必要とする LDT 標準はサポートされません。
- オンチップ差動終端には VRN/VRP ピンは必要ないため、バンクのピンをその他の DCI 用途に使用できます。

3.3v VCCO バンクに LVDS_25_DT を誤ってレイアウトした場合、デバイスは破損するか
DT I/O 規格が使用されているバンクで VCCO を 3.3V に設定しても、デバイスは破損しません。VCCO が 3.3V のとき、P と N 間のインピーダンスは小さくなります。LVDS ペアの P および N ピン間のインピーダンスを測定できますが、ザイリンクスには、3.3V の特性評価データがありません。100 オーム終端に 2.5V VCCO を使用することを推奨します。

100 オームの差動終端の精度
これは HSPICE および IBIS モデルで得られる結果です。IBIS モデルで rterm_100 セクションを確認すると、約 100 オーム+/-20% となっていることを確認できます。

DT I/O 標準を使用したビットストリームを DT サポートのないデバイスにプログラムした場合
このガイドラインは、Virtex-4 以降には該当しません (すべてのデバイスで差動終端をサポートしているため)。
DT がサポートされない Virtex-II Pro デバイスで、DT の I/O 規格を使用するビットストリームをプログラムする場合、DT のない I/O 規格として入力がプログラムされます。
たとえば、LVDS_25_DT を指定している場合、入力は LVDS_25 としてプログラムされます。この場合、LVDS_25 を使用した場合と同様に、入力に外部終端が必要です。これにより信号伝送が影響を受けることはありません。

IBIS および HSPICE
IBIS および HSPICE のモデルの詳細は、(Xilinx Answer 14178) を参照してください。


AR# 17244
日付 10/07/2008
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加