AR# 17275

|

6.1i XST - 「WARNING:NgdBuild:483 - Attribute 'INIT' on 'signal_name' is on the wrong object」という警告メッセージが表示される

説明

キーワード : XST, INIT, register, flip-flop, FF, flip, flop, network, signal, FSM, finite, state, machine, レジスタ, フリップフロップ, フリップ, フロップ, ネットワーク, 信号, 有限ステートマシン, 有限, ステート, マシン

重要度 : 標準

概要 :
XST では、信号に INIT 制約が挿入されます。 この際、次の警告メッセージが表示されます。

"WARNING:NgdBuild:483 - Attribute 'INIT' on 'signal_name' is on the wrong object."

理由を教えてください。

ソリューション

XST で有限ステート マシン (FSM) がコンパイルされると、INIT 制約によって割り当てられたステート レジスタの値がレジスタだけでなく、信号にも間違って配置されます。 デザインはこれによる影響を受けませんが、NGDBuild で警告メッセージが複数表示されます。このメッセージは無視しても問題ありません。

この問題は、最新版の 6.1i サービス パックで修正されています。このサービス パックは次のサイトから入手できます。
http://www.xilinx.co.jp/support/techsup/sw_updates
この修正は、6.1i サービス パック 1 以降に含まれます。
AR# 17275
日付 04/11/2012
ステータス アーカイブ
種類 一般
People Also Viewed