UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 17369

5.2i CORE Generator / LogiCORE XAUI v3.0 - MDIO インターフェイスをインプリメントすると、バック-アノテートされたシミュレーションで X が出力される

説明

キーワード : FIP4, COREGen, XAUI, Virtex-II Pro, MDIO, MDC, X, unknown, 不明

重要度 : 標準

概要 :
インプリメントした MDIO インターフェイスで、XAUI v3.0 コアのバック-アノテートされたシミュレーションを実行すると、X が出力されます。 特に、MDC がUSRCLK と関連付けられていない場合に起こります。

ソリューション

この問題は、MDC の立ち上がりエッジが、同期化のためにレジスタで使用している USRCLK のセットアップ時間内にあるために起こります。 この問題を解決するには、次の行を UCF ファイルに追加し、再インプリメントしてください。

INST "xaui_core/BU2/u0/management_1/mdc_rising" ASYNC_REG = "TRUE";
INST "xaui_core/BU2/u0/management_1/mdio_interface_1/mdio_in_reg" ASYNC_REG = "TRUE";
AR# 17369
日付 08/31/2006
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加