UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 17378

Tcl - ザイリンクス ディレクトリにある settings.(c)sh ファイルをソースした後 Tcl コマンドが機能しなくなる

説明

ISE 8.2i をインストールし、その変数をソースした後、wish などの Tcl プログラムやコマンドが機能しません。

ソリューション

ISE 8.2i (およびそれ以降のバージョン) のインストールに、コンピュータにインストールされているものとは異なる libtcl8.4.so ライブラリが含まれているのが問題です。

この問題を回避するには、$PATH および $LD_LIBRARY_PATH の両方で、「$Xilinx/bin/<plat>」ディレクトリの前に「/usr/lib」を追加します。

ISE/Project Navigator を実行すると、LD_LIBRARY_PATH がザイリンクス ライブラリ ディレクトリの前に自動的に追加され、ザイリンクス バージョンの libtcl8.4.so を使用することができます。しかし、Project Navigator 環境外で xtclsh をコマンド ライン スクリプト用に実行すると、LD_LIBRARY_PATH は変更されません。

メモ : ザイリンクス インストールで提供されている libtcl8.4.so には、スレッド ロックやメモリ リークなどの重要な問題の修正が含まれています。これらすべての修正が SourceForge/ActiveState リリースに含まれているわけではありません。ActiveState バイナリ リリースでソフトウェアをテストしましたが、これは問題ありません。しかし、ザイリンクスによって修正されている問題のうち、ActiveState コードに許可されていないものはまだ発生します。この場合、ザイリンクスの修正がもっとも多く含まれている (すべてではない) 8.4.14 を使用してください。

アンサー レコード リファレンス

関連アンサー レコード

AR# 17378
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加