UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 17422

7.1i ISE - ISE のダイアログ ボックスが Solaris に比べて Linux でかなり大きく見えることがある

説明

キーワード : GUI, box, big, stretch, font, Red Hat, ボックス, ダイアログ, 間延び, フォント

ISE のダイアログ ボックスが Solaris に比べて Linux でかなり大きく見えることがあります。 このため、ダイアログ ボックスの機能が隠れてしまうことがあります。

ソリューション

この問題は、フォント サイズを小さくすると回避できます。 サポートされるフォントをリストするには、次を入力します。

/usr/X11R6/bin/xlsfonts -fn "-adobe-*"

XResources ファイルを使用すると、デフォルトのフォント サイズを新たに設定できます (.XResources ファイルは、ホーム ディレクトリにあります)。

例 :
フォントを Arial の 12pt に設定する場合は、.Xresources ファイルに次を含めます。

*systemFont: -adobe-arial-medium-r-normal--12-*-*-*-*-*-*-*
AR# 17422
日付 08/01/2007
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加