UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 17445

ISE - Linux のメモリ使用率の増加

説明

キーワード : RAM, RedHat, DDR, byte, mem, PAR, resources, バイト, メモリ, 配置配線, リソース

現在のところ、Linux マシンで分配できるメモリ容量は最大 3GB までです。 プロセスが分配し、スワップなしに使用するように、容量を増加させるにはどうすればよいですか。

(注意 : ザイリンクスは Linux カーネルのリコンパイルが原因で発生する問題に対する責任を負わず、サポートもしていません。 Linux のサポートについては、Linux ソフトウェア ベンダーにお問い合わせください。)

ソリューション

1

Red Hat Enterprise Edition WS 3 は、hugemem カーネルを使用して各プロセスに 4GB を分配できます。

詳細は、Red Hat のサポート サイトを参照してください。
http://www.redhat.com/docs/manuals/enterprise/RHEL-3-Manual/release-notes/ws-x86/

2

カーネル再構築は、Red Hat の番号付きリリースで実行可能です。

メモ : 次の手順は、特定のバージョン (2.4.7) でのみ実行できます。

システム パラメータの背景
- システム パラメータ TASK_SIZE は、ユーザー モードで使用可能なプロセスごとのアドレス空間における基本的な制限です。
- TASK_SIZE は、include/asm-i386/processor.h で PAGE_OFFSET と同じに定義されています。
- PAGE_OFFSET は __PAGE_OFFSET によって決まり、__PAGE_OFFSET は include/asm-i386/page.h の PAGE_OFFSET_RAW によって決まります。
- PAGE_OFFSET_RAW は、linux/config.h の CONFIG_1GB、CONFIG_2GB または CONFIG_3GB の定義に従って、include/asm-i386/page_offset.h で定義されています。

カーネル再構築の手順
カーネルは、/usr/src/linux-2.4.7-10 の既存のソース ツリーからコンパイルできます。 詳細は、Linux のサポート マニュアルを参照してください。 カーネルを再構築するには、次の手順に従います。
1. 必要に応じてソースを解凍し、cd を実行してソース ディレクトリに移動します。
2. include/asm/page_offset.h ヘッダで、PAGE_OFFSET_RAW の値を 0xF0000000 (3.75GB) に変更します。
3. make clean を実行します。 白紙の状態から始めます。
4. make mrproper を実行します。 これにより、モジュール内までさらにクリーンアップが行われます。
5. make oldconfig を実行します。 これにより、i686 smp アーキテクチャの以前のコンフィギュレーションを取り込みます。
6. make dep を実行します。
7. make bzImage を実行します。 これにより、arch/i386/boot 内にカーネルが作成されます。
8. make modules を実行します。 これにより、すべてのカーネル モジュールが作成されます。
9. make modules_install を実行します。 これにより、モジュールが /lib/modules/2.4.7-10custom 内にインストールされます。
10. bzImage を arch/i386/boot から /boot にコピーします。
11. GRUB を、ハード ディスクからの /boot エリア カーネルから起動するよう設定します。
12. オプションで、make bzdisk を使用して起動可能なフロッピー ディスクを作成できます。 これにより、起動フロッピー ディスクが作成されます。

問題とそのソリューション :
1. linux/compile.h が見つからない。
linux/compile.h の代わりに include/linux/vesion.h ファイル (ランタイムに作成される) に touch を使用します。

2. /lib/modules/2.4.7-10custom/modules.dep が見つからない。
modules_install を実行します。カーネルでは、起動してモジュールの依存を確認する際にこのファイルが必要です。

3. ypbind で NIS ドメインにバインドできない。
この問題は、カーネルのみをコンパイルし、モジュールをコンパイルしなかった場合に発生します。 コア カーネルと共にモジュールをコンパイルおよびインストールする必要があります。

4. カーネル ポイントが機能しない。
新しいカーネルの名前は 2.4.7-10custom に変更されていますが、Automounter で 2.4.7-10Linux が検索されるため、カーネル ポイントが機能しません。 ypserver にリンクを追加する必要があります。
AR# 17445
日付 08/01/2007
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加