UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 17560

3.2 EDK SP2 - ディスアセンブラで WIC 命令が処理されない

説明

キーワード : EDK, 3.2, assembler, WIC, アセンブラ

重要度 : 標準

概要 :
WIC 命令 asm("wic r11, r11"); を使用しようとしていますが、.o ファイルに適正に変換されません。 .s ファイルには適正な命令が含まれています。

#APP
wic r11, r11
#NO_APP

これは、コンパイラがバグの原因ではないことを示します。 命令は、アセンブラによって .o ファイルにアセンブルされます。 mb-objump -S file.o ファイルを使用して、WIC 命令がまだあるかどうかを確認するため、コードをディスアセンブルします。

asm("wic r11, r11");
48: 916b5868 r11, r11, r11

opcode は、ディスアセンブラにより適正に変換されません。

ソリューション

これにより、ハードウェアのインプリメンテーションが影響を受けることはありません。この問題は、EDK 6.1i リリースで修正される予定です。

AR# 17560
日付 04/28/2006
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加