UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 17657

5.2i iMPACT CPLD XC9500/XL/XV - ユーザーコード シグネチャのリードバックがプログラムされた元の値と異なる

説明

キーワード : 5.1i, XC9500XL, XC9500XV

重要度 : 低

概要 :
4 文字のシグネチャを選択し、Jedec 生成中 (Hprep6) に CPLD へプログラムしました。 Jedec を CPLD にプログラムした後、シグネチャのリードバックを実行すると、元のシグネチャとは異なる値が戻されました。

:
CPLD のプログラムされたシグネチャ : 7777
iMPACT でリードバックされたシグネチャ : ecececec

ソリューション

シグネチャは、ASCII コードに変換され、2 進数で CPLD にプログラムされます。 iMPACT では、この 2 進数を読み戻すとき、ASCII に変換して画面に表示する必要がありますが、 変換されないために、この 2 進数が 16 進数として表示されてしまいます。

前述の例で ASCII コード 7 は、0011 0111 または 37 (16 進数) になり、 iMPACT はこの返されたデータを反転し、進数で表示します。 ec は、1110 1100 で、 この順を反転させると、予測どおりの値、 0011 0111 が出力されます。

この問題は、6.1i ソフトウェア リリースで修正される予定です。
AR# 17657
日付 03/26/2006
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加