UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 17706

9.1i PrimeTime - Trace と PrimeTime でのクロック スキューの違いについて

説明

キーワード : clock, skew, difference, クロック, スキュー

ザイリンクス Timing Analyzer と PrimeTime でタイミング解析を実行すると、クロック スキューが異なります。 これはなぜですか。

ソリューション

ザイリンクス ツールを使用してスキュー計算を行った場合、TRACE でグローバル クロックの FF-to-FF パスとローカル クロックの FF-to-FF パスが別に処理されるために、異なるタイミング結果になってしまいます。

Synopsys では、Virtex-II Pro および Spartan-3 用に PrimeTime のタイミング結果を TRACE の結果と近値にするスクリプトを提供しています。
AR# 17706
日付 01/18/2010
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加