UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 17801

6.1 EDK - EDK 3.1/3.2 では、PlatGen により BRAM_Block に異なるインスタンス名がつけられる

説明

キーワード : XST, XPS, PlatGen, EDK, BRAM, BRAM_Block, UCF, BMM, Data2BRAM

重要度 : 標準

概要 :
EDK 3.1/3.2 では、PlatGen により BRAM_Block に異なるインスタンス名がつけられます。 ユーザーが PlatGen で生成された BRAM_Block にアクセスできる custom Data2BRAM BMM ファイルもしくは UCF ファイルを使用している場合には、階層を更新する必要があります。

ソリューション


EDK 6.1 を PLB_BRAM_IF_CNTLR, OPB_BRAM_IF_CNTLR, ISBRAM_IF_CNTLR, DSBRAM_IF_CNTLR で使用する場合、 BRAM_Block 階層のインスタンス名は PlatGen によって変更されます。
たとえば、MHS に次のセクションが含まれる場合です。

BEGIN plb_bram_if_cntlr
PARAMETER INSTANCE = my_plb_bram_if_cntlr
PARAMETER HW_VER = 1.00.a
PARAMETER C_BASEADDR = 0xFFFF8000
PARAMETER C_HIGHADDR = 0xFFFFFFFF
BUS_INTERFACE SPLB = myplb
BUS_INTERFACE PORTA = portb
END

BEGIN bram_block
PARAMETER INSTANCE = bram1
PARAMETER HW_VER = 1.00.a
BUS_INTERFACE PORTA = porta
END

そして EDK 6.1 では、次のインスタンス名の BRAM Block 階層が PlaGen により生成されます。
bram1/bram1/ramb16_s9_s9_0
bram1/bram1/ramb16_s9_s9_1
....

EDK 3.1 および 3.2 と比較して、PlaGen が生成されます。
bram1/bram1_i/ramb16_s9_s9_0
bram1/bram1_i/ramb16_s9_s9_1
....

ユーザーが Data2BRAM の custom BMM ファイル、これらの BRAM を初期化する custom UCF、あるいは EDK3.1/3.2 から制約を加える場合、単純に階層から _i を取り除くことでパスを更新する必要があります。 ユーザーが custom BMM ファイルもしくは UCF ファイルを使用する場合にはエフォートを追加する必要はありません。
AR# 17801
日付 03/05/2006
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加