AR# 17893

9.1i ISE - ISE で UltraEdit v7.00a を使用すると 「<origfilename to be edited> -l<line number>」という名前の新しい (空の) ファイルが開く

説明

Project Navigator 9.1i で HDL などのテキスト ファイルを編集するためのエディターを選択することができます。

[Edit] → [Preferences] をクリックし、[Editor] タブを選択すると、[ISE Text Editor]、[Custom]、[Code Wright]、[Ultra Edit] の 4 つのエディターのオプションがあります。[Ultra Edit] を選択すると、コマンド ラインの構文が自動的に $1 -l$2 を使用するように設定されます。

UltraEdit v7.00a を使用すると、このコマンド ラインは機能せず、「<origfilename to be edited> -|<line number>」という名前の新しい (空の) ファイルが開きます。

ソリューション

Project Navigator で使用されているコマンド ライン構文は Ultra Edit 7.2 用にデザインされテストされていました。Ultra Edit 7.00a の場合、コマンド ライン構文は $1/$2 になります。

この問題を回避するには、次の手順に従ってください。

エディターに [Custom] を選択します。
2. [Command Line Syntax] フィールドで「UltraEdit $1/$2」と入力します。
3. UltraEdit 実行ファイルを含むディレクトリがシステム PATH にあることを確認します。

メモ : 実行ファイル名、パス、特定エディターのバージョンといった詳細については、エディターのベンダーに確認してください。
AR# 17893
日付 02/25/2011
ステータス アーカイブ
種類 一般
ツール