AR# 17900

|

XST - XST で入力が最適化されて削除されてしまうため、フィッタの [preserve unused input] が機能しない

説明

キーワード : ISE5.2, ISE6.1, XST, FIT, FITTER, preserve, unused, input, option, optimize, フィット, フィッタ, 維持, 未使用, 入力, オプション, 最適化

重要度 : 重要

概要 :
未使用の入力を含むデザインを CPLD にインプリメントしようとしました。 未使用の入力を維持するため、これらの入力に LOC 制約を付け、フィッタ プロパティで [Preserve used input] をオンにしました。

デザインをインプリメントすると、NGDBuild で次のようなエラー メッセージが表示されます。

"ERROR:NgdBuild:755 - Line XXX in 'ucf_file_name.ucf': Could not find net(s)
'input_name' in the design. To suppress this error specify the correct net
name or remove the constraint. The 'Ignore I\O constraints on Invalid Object
Names' property can also be set ( -aul switch for command line users)."

-aul オプションを設定してデザインをリコンパイルしました。 インプリメンテーションは変換まで進みましたが。 フィッタ レポートに未使用の入力が表示されていません。

未使用の入力を維持するにはどうすればいいですか。

ソリューション

[Preserve unused input] が機能しないのは、これらの入力が NGDBuild でコンパイルされるネットリストで定義されていないためです。

これらの入力には接続されたロジックがないため、XST で最適化され削除されます。

XST で入力が削除されないようにするには、デザインに IBUF プリミティブをインスタンシエートし、この IBUF の出力ピンを KEEP 属性の付いた信号に接続します。

これで、NGDBuild で IBUF の出力信号にロードがないことを示す警告メッセージが正しく表示されます。
AR# 17900
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
People Also Viewed