UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 17906

6.1 EDK - XPS で入力および出力レジスタを自動で IOB にパックする方法について

説明

キーワード : EST, map, IOB, pack, registers, input, output, XPS, マップ, パック, レジスタ, 入力, 出力

重要度 : 標準

説明 :
XPS でハードウェア デザインをインプリメントした後、CLB にはありますが IOB に配置されていない入力および出力レジスタがあります。 すべての入力および出力レジスタを IOB にパックする方法を教えてください。

ソリューション

現在のところ、入力および出力レジスタを IOB にパックする GUI オプションはありませんが、fast_runtime.opt ファイルに -pr オプションがあります。 このファイルには、インプリメンテーション実行に関するすべてのオプションがあります。

このオプションを設定するには、プロジェクト ディレクトリで fast_runtime.opt ファイルを開きます。
Program map という行の下に、-pr i|o|b と入力します。このオプションでは、 i は入力のみ、o は出力のみ、b が双方向を指します。


ファイルを保存して [Generate Bitstream] を再実行します。

メモ : このファイルを作成した場合、必ずインプリメンテーションを実行してください。
AR# 17906
日付 03/05/2006
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加