UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 17981

6.1 EDK - バージョン 3.2 から 6.1 へ移動させるときに必要な MPD と PAO ファイルでの変更について

説明

キーワード : PSF200, PSF210, EDK, 3.2, 6.1 MPD, MSH, PAO, ファイル

重要度 : 標準

概要 :
バージョン 3.2 から 6.1 へ移動させるときに必要な MPD と PAO ファイルでの変更について

メモ : これらの変更は、EDK 6.1 で EDK 3.2 のプロジェクトを開いたときに自動的に行われます。

ソリューション

1

カスタム IP は pcores ディレクトリに保存する必要があります。 このディレクトリは、『Embedded System Tool Guide』に記述されている特定な構造を保持する必要があります。

2

次は、EDK 6.1 でユーザーが PSF 2.1.0 の移動させるために行う変更です。

MPD ファイル

1. PARAMETER VERSION 行を削除します。 6.1i では、これをこのファイルで指定すべきではありません。

2. BEGIN mycore 行の各サブオプションを別の行に移動し、OPTION とします。

例 :
PSF200 : BEGIN mycore, IPTYPE=PERIPHERAL, EDIF=TRUE, HDL=VHDL

would become
PSF210:
BEGIN mycore
OPTION IPTYPE = PERIPHERAL
OPTION IMP_NETLIST = TRUE
OPTION HDL = VHDL

3. インプリメンテーション スタイルを指定するキーワード EDIF は、IMP_NETLIST に変更されています。

4. この変更はオプションですが、最新の MPD 構文と適合させるために推奨される手順です。

SIGIS=INTERRUPT ポートを次のように変更します。
Psf200: LEVEL = LOW to Psf210: SENSITIVITY = LEVEL_LOW
Psf200: LEVEL = HIGH to Psf210: SENSITIVITY = LEVEL_HIGH
Psf200: EDGE = RISING to Psf210: SENSITIVITY = EDGE_RISING
Psf200: EDGE = FALLING to Psf210: SENSITIVITY = EDGE_FALLING

PAO ファイル

1. 行に拡張子 .vhd または .v が指定されていないことを確認してください。

<lib><file>EDK の REVUP ユティリティでは、PSF200 pcore から PSF210 pcore へ移行させるために必要な変換がすべて実行されます。
AR# 17981
日付 03/05/2006
ステータス アーカイブ
種類 一般
このページをブックマークに追加